FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第75話

第75話「佐藤亜美菜対前田敦子」

「ますます意味分からん」

菊地は眉間にしわを寄せた。
玲奈をコートに残すだけでも分からないのに、前田と勝負させることすらしない。
本当に苦し紛れの交代に見えた。

「私もよく分かりません」

渡辺もこの交代の意図は見えなかった。
珠理奈では前田の相手は厳しかった。
そしてどう考えても今の玲奈でも無理だ。
それでも出てきた9番。

「何かをするとしたら……あの9番なのかもしれないです」

このマッチアップに大島も考えた。
簡単にはボールを振らずにキープする。
前田か山本。
どっちにパスを出すのか。

(うーむ。ガス欠だけど身長高い相手か、出てきたばっかだけどこっちの方が高い相手か)

そして決めた。
パスは前田に出た。

(とりあえずエースにやってもらうか)

いよいよパスが入ってもマークマンは佐藤のままだ。
前田対佐藤の1対1。
ボールを持った瞬間、佐藤は距離を詰めてプレッシャーをかける。
頭の横で受け取ったボールを下ろさせない。
しかし前田は上手く体を入れてボールを動かした。
ボールを懐で抱え、膝を曲げた前傾姿勢。
パス、ドリブル、シュートに移行できる姿勢。

(一応ビデオは見た。良い選手だけど、別にディフェンスのスペシャリストってわけじゃないはず)

距離が近めのプレッシャーディフェンスとはいえ、前田は相手のリズムが読める。
その隙をついてドライブするだけだった。
相手に無意識で生じる一呼吸の合間を感じ取る。

(……今)

鋭く前田がその一歩を踏み出す。
佐藤の外側を狙ったドライブだった。
この一歩で相手を置き去りに出来る。

「……あれ?」

しかし、驚くべきことが起こった。
ドライブをしてもなお、佐藤はまだ前田の横にいる。
抜ききれていない。
シュートまでいけない。
仕方なく前田はインサイドで光宗にパスを出す。
光宗のジャンプシュートはリングに弾かれた。

「リバウンドだ!」

宮澤がリバウンドを取って攻守が交代する。
ほとんどの観客は気付くことのないこの一連の攻防の重要性。
光宗のシュートがたまたまリングに嫌われた程度にしか思っていない。
それでも、十桜は、帝桜の攻撃を止めた。

「今……抜ききれてなかったですよね?」
「間違いない。前田がシュートまで行けなかった」

渡辺と菊地はそれに気づいていた。
誰が前に立っても、止められなかった前田が、たった今の攻撃、止められていた。
あの佐藤亜美菜が、ドライブに反応していた。

「さや姉ごめん、マーク11番お願い」

ディフェンスに戻りながら前田が山本に指示を出す。
少し驚きながらも、山本はすぐ前にいた玲奈をマークする。
そして前田のマークは当然だった。

「前田も9番についた!」

また同じように会場がどよめく。
身長差のあるこのマッチアップには違和感しか感じない。
しかしその外見の違和感とは裏腹に佐藤は余裕でそれを受け入れていた。
お互いにしか聞こえないような小さな声で会話する。

「分かってたけど、もうマークされちゃうか」
「君……隠してるでしょ」
「何を?」
「とぼけなくてもいいよ」

佐藤にボールが入る。
ピタリと腕一本分の間合いで前田が立ちはだかる。
珠理奈が何をしても抜けなかったディフェンス、隙がない。
時間をかけてもしょうがないことは分かっていた。
外側にボールを振ってから、内側、ドライブを仕掛ける。
前田に反応され、ゴールに向かえない。
ハイポストの位置までドリブルした後、佐藤は止まった。
シュートか、パスの場面。
パスコースは無かった。

「シュートか!?」

ハイポストまで切り込んでからのストップジャンプシュート。
他の試合でもよく見る場面、誰もがこれをイメージした。
そして同時に思う。
前田のマークは外れていない、ブロックされる、と。
しかしシュートは放たれた。

「……え?」

バスッとボードに当たってシュートは決まった。
そのシュートのタイミングは先の想像より遥かに速かった。
誰もが想像する、そして普段佐藤が打つ、最高到達点からのリリースとは違う。
そこまで登りきる前に放たれたシュート。
前田のチェックを受けることはなかった。

「あの敦子から……1対1で点を奪うなんて……!」

それほど歓声は沸かない。
試合で決まった、何十本と放たれるシュートの1つにしか思わない。
そんな中、篠田麻里子は、このシュートに大きな驚きを覚えていた。

「あれだけタイミング外せれば誰だってシュート打てるんじゃないの? たまたまじゃない?」

ほとんどの観客は小嶋と同じ考え。
不意打ちの奇襲がたまたま決まってしまっただけ。
しかし篠田は首を振る。

「彼女からタイミングを外すってことがどれだけ難しいか。言ったでしょ、潜在的なリズムを読んでくる相手だよ?」
「うーん……?」

そもそも前田のその特徴を理解できない小嶋は首をかしげた。
こればかりはマッチアップしてみないと分からない。

「とにかく、あんな失点の仕方そう見ない」

一方で十桜のベンチでは、前田から奪う形になった得点に単純に喜んでいた。
この第3ピリオド、得点と言えば苦し紛れシュートばかりで、まともな得点は無かった。
1対1から、それも相手は前田敦子となれば、ベンチのメンバーが久しぶりの声を上げる理由には十分だった。

「亜美菜さあああん! ナイッシュ―!」
「にしても、あのシュートどっかで見たことあるような」

喜ぶ高柳の横で北原が顎に手を当てて考える。
シュート体制に入った時にはもう放たれているようなリリース。
当然特徴的であるが故、覚えがあった。
答えは出なかった。
正確に言えば遮られた。
すぐに帝桜のオフェンスが始まったからだ。
ボールはまたも前田に入った。

「今度は随分離すね」

さっきまでの間合いの近いディフェンスから一転して、佐藤のディフェンスは間合いを広くとるスタンス。
ドリブルを余裕でつけるほどの間合い。
数回のドリブルの後、クロスオーバーで佐藤を振ってから前田はジャンプシュートを狙う。
佐藤がチェックするが、それでも前田のシュートは決まった。

「あのチェックで決められちゃうのかー」
「でも、今のシュートも完全にマークを外したわけじゃない」
「じゃあやっぱりあの9番が凄いの?」

小嶋の問いに篠田は静かに頷いた。
十桜のオフェンス、佐藤の動きは観客を驚かせた。

「ポストで勝負!?」

佐藤がポジションを取ったのはハイポストの位置。
高さで負けている相手にインサイドの勝負を仕掛ける。
指原からパスを受け取り、2回のドリブルで押し込む。
当然それだけではシュートに行けない。
佐藤は前田と密着した状態から体を反転させた。

「スピンムーブ!」

前田をかわし、シュートチェックに光宗が出てきたところで秋元へのパス。
秋元はフリーでゴール下を決めるだけだ。
おお、と小嶋は声を上げた。

「きっちり十桜が返した! なんかすごいいい感じなんじゃないのこれ」
「もしかしたら……あの9番は敦子の能力に気付いたのかもしれない」
「『リズムを読む』とかいう奴?」

少なくともこの2本、前田にマークされた状態の佐藤を起点に、十桜はオフェンスを成功させた。
ここまで全く上手くいなかったことを考えれば、偶然では済ませられない。
佐藤が、珠理奈とは違う何かを前田に仕掛けていることは篠田の目には明らかだった。

「あ、分かった」

秋元のシュートが決まったタイミングで、高柳が突然口を開いた。
なにが、と北原が聞き返す。

「亜美菜さんのシュート。あれ、玲奈ちゃんのシュートですよ」

佐藤が見せたあのクイックリリースのシュート。
どこかで見たことがあったシュート。
高柳に言われて北原は思い出す。
間違いなくそれは、玲奈が見せるスリーポイントシュートと重なった。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

亜美菜にそんな能力があるとは意外でした
今度は珠理奈が動かないとダメですね

Re: タイトルなし

> キラさん

コメントありがとうございます
亜美菜好きなので活躍させてます
珠理奈の復活はあるのか、ご期待ください
プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。