FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第65話

第65話「戦慄」

柏木にシュートを許すのを、珠理奈は見ていることしかできなかった。
点差が離れていくのに、何もできなかった。
そして突きつけられた現実を黙って受け入れるしかなかった。

諦めてたまるか、そう何度も頭の中で繰り返し言い聞かせても、押し寄せてくるのは絶望感だけだった。
足は動かず、頭は働かない。
この状況の打開策が浮かぶことなく、もがくしかない。
この時ばかりは、ここからの十桜の逆転の可能性を誰も見いだせなかった。
「ここまでか」という表情とも言えないような表情が十桜サイドに並ぶ。

柏木の活躍に歓声が上がる中、十桜の8点というあまりに遠い点差を追いかけるオフェンスが始まる。
時間は2分を切ろうとしていた。

「都立十桜……ここまでか」
「柏木由紀が凄すぎ」

そのオフェンスを見つめながら、ため息交じりに口を開いたのは袖無学園の高橋と峯岸だった。
他校の試合と言っても、やはり自分を負かした十桜を応援していた2人にとっては残念でしかない。
もう1人も、何も言わずにじっと試合を見つめていた。

「にゃんにゃん、そんな落ち込むことないよ。冬にどっちも私達が倒しちゃえばいいんだからさ」

小嶋の肩を峯岸がポンと叩く。
何も言わない辺り、十桜が負けて不機嫌なのだろう、そう思って顔を覗き込んだ。
しかし意外にも、小嶋は不機嫌、というより不思議そうな顔でコートを見つめていた。
その小嶋をさらに不思議そうな表情で見つめる峯岸に気付くと、小嶋はコートを指さして言った。

「いや、ちがくて。なんか……あの子、変だよ。ほら、様子がおかしい」
「え、松井玲奈?」

小嶋の言っていることの意味が分からぬまま、ボールは玲奈に飛んだ。
珠理奈には柏木が付いている。
今の柏木近くにボールを回すのが危険であることをすぐに察した指原は玲奈にボールを振るしかない。
その玲奈にも岸里がピタリとマークしている。

「ボールオッケーですわよ」

スリーポイントを打たせない間合いをきっちり取る。
しかし玲奈はボールを受けてすぐ、迷わずシュートを狙う。
間合いはつまったまま、高さの利だけで放つ強引なシュート。

(スリーで点を獲りたいのは分かりますけど、それはただの無茶です)

リバウンドを促す声を出しながら岸里は振り向く。
シュパンという音を立ててボールはリングを射抜いていた。
えっ、という声が自然と漏れた。

「スリー! 5点差だ!」

この得点は十桜にとって大きなものだった。
8点差という絶望的な点数から一気に5点差。
もうダメだ、という頭の中に、まだ行ける、という気持ちが少し、湧いてくる。
しかしそれもつかの間、倉持のパスから、速攻気味に深中の攻撃が返ってくる。
柏木がボールを持つと、誰も止められない。
ディフェンスを割られ、レイアップを許して7点差に押し返される。

「柏木がすぐに返したー! 止められないー!」

パスは再び玲奈に裁かれた。
またすぐにスリーポイントを狙おうとするものの今度はディフェンスの間合いがまるで違う。
完全に密着し、シュートの姿勢すら取らせない。

「もうスリーポイントはやらせませんわ」

戻して、という指原の声を玲奈は無視した。
そしてほんの少し、体で岸里の体を押しのけた。
ファウルにはならない程度、空いた間合いは極わずかでシュートを狙えるわけではない。
すかさず岸里は、その小さな間合いを埋めようとする。
もうドライブは捨てていた。
しかし、次の瞬間、玲奈との間合いは大きく開く。

「なにっ!?」

玲奈が取った行動は、ステップバック。
後ろにドリブルをつき、一歩分、ディフェンスとの間合いを開けた。
たった一歩の間合いだが、玲奈のクイックリリースには追いつけない。
シュートを狙えるが、当然それは通常のスリーポイントよりも距離が遠くなる。

……しかし決まる。
そのシュートにはコート全員が驚愕せざるを得ない。
スリーポイントラインより下がった位置、わずかな間合い、クイックリリース。
もはやディフェンスがどんなに頑張っても止めようがないシュートの1つであった。
さらにこのとき、もう1つ驚くべきことがあった。
それはほとんどの選手が放たれたボールに注目する中、打った後の玲奈の動きを見ていたわずかな人間にしか分からない。
その1人は玲奈より先に戻っていた指原だった。

深中は再び速攻出そうとするが、それは出来なかった。
何故なら指原と玲奈がきっちりディフェンスに戻っていたからである。
今までならディフェンスは指原だけで、高城と柏木に走らせれば得点できた。
それがこのときは玲奈がきっちり高城をマークしていた。
戻りが早い。
その理由を指原は見ていた。

シュートを放った瞬間、誰もがそのボールの行先に目を奪われる中、玲奈は後ろを向いて懸命にディフェンスに戻っていた。
つまりは、そのボールがリングを射抜き、ネットを揺らす音を、玲奈は背中で聞いていた。
手から離れたときには、もうシュートが決まることを確信していたかのようだった。

「う、うわあああ! なんだ今のシュートは!?」

会場は大歓声に包まれた。
このシュートで4点差、再び深中に迫る。
倉持の額にはここまで以上に汗がにじむ。
余裕が一気に焦りに変わっていた。
とにかく柏木にボールを預けたい、それで頭がいっぱいだった。
そのパスコースを珠理奈が切る。
ボールを持たせたら止められない、持たせないようにするしかない。
しかし柏木は簡単にかわして珠理奈の裏を取る。
それに合わせた倉持からの鋭いパスが飛んだ。

(ナイスパス)

パスが通れば確実に得点できる。
そのボールが柏木の手に収まろうとしたその直前。
横から手が出てくる。
逆サイドから現れた玲奈によってボールはカットされた。

指原に一度ボールを預け、またすぐに貰う。
パスを受け、シュートを狙う位置はまたもスリーポイントラインより一歩外側。

「打たせない!」

慌ててシュートチェックに出てきた岸里をドライブで抜き去る。
そしてすぐに止まる。
振り向いた岸里は驚愕する。
シュートフェイクからのドライブでディフェンスをかわしてシュートを狙っても、その位置はまだスリーポイントラインの外。
完全に抜けた場面、玲奈は当然のようにストップした。
そしてシュートはミドルレンジのジャンプシュートを決めたかのように、簡単に決まった。

「これで1点差……」

シュートを決めて振り向いた玲奈を見たとき、珠理奈は素直に声を掛けることができなかった。
表情はまさに鬼気迫るといった風で、その目は冷たい。
チームメイトですら寄せ付けない雰囲気だった。

視界を戻すと、目の前の柏木が動き出している。
フェイクでディナイをかわされ、ボールを持たれてからは一瞬。
ディフェンスなどいなかったかのように珠理奈を抜き去る。
ドライブしてくる柏木と次に対峙するのは玲奈だった。
珠理奈が抜かれる前から、カバーに入り、回り込む。

(抜いてやる)

すかさず柏木がフェイクを仕掛ける。
珠理奈が一歩も動けずに突破を許すフェイクだ。
分身でもしているかのように見える『ゆきりんワールド』。
しかし玲奈と接近した瞬間、柏木は動揺する。

(この子……動けるの?)

柏木の言う『動ける』とは外から見た『動かない』ことである。
フェイクに掛かるというのは、体が動いてしまうことであり、それは仕掛けた側にとって動けないことと一緒。
柏木のフェイクは余りにレベルが高いために、本当に動けない事態が起こるが、普通フェイクに掛かるということは動いてしまうこと。
逆に、フェイクで揺さぶっても動かない、というのは、フェイクを前にしても自由に動けるということであった。
玲奈は柏木が本当に抜きに来るまでひたすらに我慢する。
待ちに待って、柏木がついに抜きに来たとき、反応する。

(見てからの反応で……!?)

玲奈の手が柏木のボールに触れる。
こぼれたボールをそのまま玲奈が奪い、柏木、岸里を抜き去った。
最後は倉持をかわしながらレイアップを放り込む。
観客は息を飲んだ。
残り30秒、得点は十桜が深中を1点上回った。
誰も寄せ付けなかった柏木の3分間を超える戦慄が会場に走ろうとしていた。

「ちょいちょいちょいちょい……なんだよそれ……ふざけるな」

深中高校、最後のオフェンスに出る。
時間をじっくり使ってパスを回す。
しかし、誰もがその最後のパスを受ける人物が誰かは分かっていた。

「こんな簡単に負けてたまるか! 勝つのは私達だ!」

スクリーンで抜け出した柏木にボールが渡る。
その前には玲奈が構える。

(全身全霊のフェイクだ……!)

ドリブルからの仕掛けでは無い。
ボールを受けてから、パス、シュート、ドライブ全ての選択肢がある状態での1対1。
目の前の玲奈をかわすことだけにすべてを懸ける。
一瞬のうちにいくつものフェイクが玲奈を襲う。
そしてそのわずかな隙をついて柏木が玲奈を抜き去った。
しかし玲奈は『動ける』。
シュートを狙う柏木に追いつく。

(ホントに見てからの反応だけでついてくる……でも!)

それをかわすように柏木が鋭く切り返す。
玲奈が追いついてくることは見越していた。
すれ違うように玲奈を置き去りにして、ついにフリーになる。

(あとはジャンプシュートを決めるだけっ……!)

グッと膝を曲げ、ボールを手に収め、ポンッと飛び上がる。
目の前にディフェンスはいない。
見えているのは、ゴール下で立っているだけの秋元と宮澤だった。

最高到達点まで飛んでいる間、突如柏木は、何かを感じていた。
その何かとは何なのかと考えてみると、そんなわけはない、と何度も思ってもそれは、恐怖だった。
後ろから迫ってくる。
視界に入ってくる。
ボールを触られる。

(あり得ない……! 間に合うはずがない……!)

全てを読み切って、逆をついて、間違いなく引っかけた。
抜かれてからの反応で追いつける距離じゃない。
それでも完全に抜き去ったはずのそいつは、柏木の目の前に現れ、シュートを抑え込む。

「うあああああああああああああっ!」

ボールは柏木の後方に飛ばされた。
それを指原がキャッチし、前へ投げる。
パスを受け取った珠理奈がフリーでレイアップシュートを決めた。
3点差のスコアが刻まれると同時、試合終了を告げるブザーがフロアに鳴り響いた。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

勝った(≧∇≦)

玲奈最強だーー!!

玲奈は今まで何をしてたんだ!?

Re: タイトルなし

> キラさん

コメントありがとうございます。
玲奈さん書いてて引くほどの活躍でした。
その説明は66話ですると思います。
プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。