FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第63話

第63話「崩れる」

フェイクからドライブ、クロスオーバー。

(でもってシュート……!)

珠理奈は反応する。
前半では全くついていけなかった柏木のフェイク。
第3ピリオド終盤、珠理奈はついていく。

(まだ甘い)

柏木はさらに切り返す。
珠理奈を抜き去りシュートを決めた。
それでも柏木は動揺せざるを得なかった。

(私のフェイクに対応し始めてるね……なんて選手)

それは持ち前の運動能力だけではない。
確実に珠理奈はフェイクの読み合いで柏木に迫っていた。

「うちらとやったときもそうだった。ゾーンにどんどん対応してきた」

少しずつゴールに迫り、最後には自分をかわされて決められた。
それによってマンツーマンディフェンスへの変更を余儀なくされた。
そしてそれが最終的には追いつかれ逆転を許すこととなったのを篠田麻里子は思い出していた。

「試合中に順応しちゃうんだから。バスケセンスの塊みたいなやつだ」

それでもまだ柏木を完全に止めることが出来たわけではない。
簡単に点を獲れるわけではない。
ボールは玲奈に渡った。
シュートフェイクからドライブを仕掛けるが、抜けない。

(この岸里ってのがすげえ……マジで玲奈を止めてる……お嬢様みたいな喋り方する癖に……!)

玲奈の苦しいシュートが外れるのを、宮澤は見ているしかなかった。
そのリバウンドを相手に奪われると同時に、戻る。
しかしその遥かに先、高城は走っている。
速攻のレイアップが決まった。

(しかもこの高城、分かってても追いつけない。気づいたら消えてる……どんな体力してんだ)

4点の点差はそこまで重くない。
それでも状況はあまり良くなかった。
確かに柏木1人にやられることは減っている。
しかしそれは、こちらが秋元の1対1だけで得点するシーンが減っているのと同時だった。
珠理奈は柏木、玲奈はフェイスガード、秋元も柏木の徹底的なヘルプで上手くは動けない。

「私しかいない。……ちょうだいさしこ!」

指原から宮澤へパスが飛ぶ。
マークに付いてくるのは、高城。
始めて1年とは思えないその実力、成長の早さ。
それでもまだ1年。

「負けるわけにはいかないっ!」

ドライブからレイアップを決める。
運動量任せのディフェンスには止められない。
しかし着地と同時、ドンっと高城はスタートする。
必死で宮澤は追う。

(この体力はしーちゃんに貰ったもの……走らないでどうする)

宮澤温存は帝桜戦への蓄えでも何でもなかった。
高城の体力の高さは明らか。
それに勝つには、宮澤と大家、2人で相手をするしかない。

「ナイスバックです! 宮澤さん!」

大家の声に宮澤は笑顔を返す。
高城に宮澤が追いつき、速攻は出なかった。
第3ピリオド終了間際、さらに十桜を勢いづけるプレーが出る。

「チェック!」

珠理奈が声を上げて飛ぶ。
柏木のシュートは今度こそフェイクではない。
空中で出来ることはもうパスしかなかった。

「しまった……!」

その先に指原が現れる。
中へのパスを察知していた指原のスティール、さらに前から声がする。

「さしこ! パス!」

宮澤が前を走っていた。
高城のお株を奪う速攻。
それでも高城は猛スピード追いつき、ブロックを狙う。

「そうくると思ってた」
(フェイク……!)

シュートのタイミングを一瞬遅らせる。
笛の音を聞きつつ、残しておいたボールを放る。

「バスカン! これで……逆転!」

宮澤がフリースローを決め、十桜1点のリード。
ほとんど時間は無く、第3ピリオドはそのまま終了した。

第4ピリオド始めの深中の攻撃、柏木にボールが入る。
今までと違ったのは、倉持がスクリーンを珠理奈にかけたことだ。
指原の声で気が付くも、その時点で柏木から読み遅れる。

(スクリーン……!? これでまた要素が一気に増える)

珠理奈を抜き去った柏木のシュート。
これが決まって再び深中が1点リードする。

「それでも……点の取り合いだね」

篠田の言葉通り、すぐに十桜は宮澤のシュートで点を返した。
そして深中も高城のゴール下で返す。
第4ピリオドは序盤から1点のリードを奪い合う形になった。
時間は経過する。
お互いに一本も落とせないという緊張感がコートを支配した。

「見てるこっちが疲れちゃうね」

小嶋陽菜が息をついた。
タイマーが5分のときを刻んでも点差はやはり1点差の奪い合い。

「珠理奈、スクリーン!」
(くっ……またか!)

倉持の体が珠理奈の横で壁になる。
同時に仕掛けられる柏木の連続フェイク。
壁の内側を通るか、外側を通るか、それとも指原とスイッチするか。
第4ピリオドのここまで、まともに止められていない。

(何度もやられてたまるか……。読み切れ。ここで止めないと)

柏木がドライブを仕掛けてくる。
珠理奈が正面に回り込んだ。
わずかに空いた間合い、この距離がつまるまで柏木はフェイクが出来る。

(クロスオーバー、レックスルー、シュート。いずれもフェイク)

右へ左へそして上へ、柏木の体は動く。
それに引っかからまいと珠理奈は必死に我慢する。
そして読み切った。

「ここだ!」

内側へのドライブ、珠理奈は反応する。
回り込む珠理奈へ、柏木が迫る。
正面から受けられる、ファウルを貰えるほどに完璧に決まったディフェンス。
瞬間、柏木の体が消えた。
ギリギリの所、クロスオーバーで切り返した。

「まだまだ甘い」

柏木は珠理奈を抜いた。
この試合何度も見られた美しいフォームのジャンプシュートへ移る。
上昇していくそのボールをゴール下から高城は見ていた。
同時、そのボールに迫る影も見えていた。

「ゆきりん、後ろー!」

放とうとしたボールに違和感が生じる。
何かがボールを抑えている。
始めは小さかったその力は瞬く間に強くなり、ボールを押し戻す。
ボールを弾かれてようやく柏木は、珠理奈にブロックされたことを理解した。

「な、な、な、なにー!?」

ルーズボールをそのまま拾った珠理奈は一気にドリブルで駆け上がる。
スティールを狙いに来た倉持をかわし、ゴールへ向かう。
シュート直前、猛スピードで戻ってきた高城にブロックへ飛ばれるが、それをボールを引いてかわす。
空ぶった高城の腕をくぐりながら、レイアップを放り込んだ。

「出たーダブルクラッチー! 均衡が崩れたー!」

緊張で静かだった会場が一気に沸いた。
1点差を奪い合っていた展開が、このシュートで3点差。
さらにはエース柏木をブロックしたとなるとこの2点は大きかった。

「やばー。なんであれに反応できんの、松井珠理奈」
「いや、あれは本当に柏木を読み切ってのブロックだと思うよ」

峯岸と小嶋に見えたように、パッと見、今のブロックは松井珠理奈の持ち前の高い運動神経によるものにしか見えない。
しかし、本質は違う。

「何度も言ってるけど、彼女が柏木に勝っているのは運動能力。だからそこの1点に勝負を賭けた」

いくらなんでも見てからの反応で抜かれた後のジャンプシュートをブロックできるほど、珠理奈と柏木の運動能力に差は無い。
だからこそ高橋には見えていた。

「あの場面で松井珠理奈は……抜かせた。わざと柏木を抜かせたんだ」

どんなに頑張ってもフェイクを極めてきた柏木には敵わない。
それを悟った珠理奈は、ドライブを止めることを諦めた。
なるほど、と峯岸は頷いた。

「確かに一度抜かせてしまえば、そのあとのジャンプシュートを読むのは簡単かも」
「膨大な選択肢を、抜かせた後のジャンプシュート、その一択に絞った。柏木からしてみれば絞られてしまったってこと」
「あとは後ろからでも自分ならブロックできるってわけか」

柏木の足が止まる。
珠理奈によるブロックのショックが抜けていなかった。
相手を思うがままに操るはずが、逆にあの場面、珠理奈に操られていたのは自分。
屈辱だった。
柏木にボールが回らないオフェンスでは、無理にシュートを打つしかない。
外れたシュートをゴール下、リバウンドをツインタワーが制す。

(ここ一本決めて5点差……欲しい)

指原がボールを運ぶ。
第4ピリオド、残り時間は半分も無い。
この拮抗した展開で5点差をつければ、重くないはずがない。
珠理奈が柏木を抜き去る。
柏木が反応できないまま、ジャンプシュートがリングを射抜く。5点差だ。

「エースが崩れた……! 終わりか? 柏木由紀!」

珠理奈に抜かれ、無気力にさえ見えた柏木を見れば、誰だってそう思う。
このままの勢いで十桜が走ると。
帝桜への挑戦権は十桜だと。
一気に雰囲気が変わってしまった会場にボールを運ぶ倉持も焦る。
すがる思いで柏木の顔を覗き込む。
当の本人は薄ら笑いを浮かべていた。

「ちょいちょいちょいちょい……」

続く
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。