スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第62話

第62話「何年待ったと」

北原から指原へパスが入り、静かに第3ピリオドが始まった。
両チーム第2ピリオドから交代は無い。
前半の雰囲気そのまま続いての始まりだった。

「さて。第3ピリオド、どういう展開になると思う? たかみな」
「拮抗……かな。最後の松井珠理奈のプレーでバランスがとれたんじゃないかと思う」

その珠理奈にさっそくボールが入る。
中へのパスフェイクから、ドライブ。
しかし柏木は反応する。

「うわ、読んでる!」
「もう対応されたの!?」

パスフェイクのチェックと見せかけてのドライブに対するディフェンス。
柏木にくっつかれながら、それでも珠理奈は中へと切り込んでいく。
そして急停止からのジャンプシュートが決まった。

「いや、柏木はジャンプシュートをチェックできてない。選択肢が増えたことはやっぱり大きいんだ」

シュートが決まったゴール下、すぐにボールが入る。
倉持から前を走る高城へ、パスが飛ぶ。
勢いそのままに突っ込んでくる高城を、大家がファウルで止めた。

「おいこら、切り替え早くせえ」
「わかっとる。指原のくせにうっさいわ」

ふん、とそっぽを向く指原を見ていると、ドンマイ、と後ろからポンと背中を叩かれた。
北原の言葉に頷きながら大家はフリースローのリバウンドに入る。

(分かってるけど……めっちゃくちゃに早いんだよ。この高城って奴が)

1投目はリングに当たりながらも、ゴールに入る。
2投目は大きく弾かれた。
ボールへ大家が飛び込むが、そのさらに上を高城が行く。

「たっかー! めちゃくちゃ飛んでるよね」
「リバウンドが取れると攻撃に勢いがつくからね。シュートだって思い切り打てる」

倉持が強引なドライブからシュートを放つ。
ボールはリングからこぼれるが、リバウンドは再び高城。
そのままゴール下シュートを決められる。
十桜のオフェンスは、ハイポストで受けた秋元から、ローポスト大家。
シュートフェイクで高城を飛ばしてからのシュート。
それに高城は追いついてくる。

「ここまで運動量では敵わない高城に対して大家は技術で何とか粘ってた。でもここに来て高城が押し始めた」

外れたシュートをセンター藤崎が拾い、倉持、そして高城。
今度は何とか大家が追いついたが、疲労は明らかだった。

(あきちゃが振り回したのが効いてきた)

息を切らす大家に対し、高城は平然と動き回る。
ここまでインサイドでのプレーがほとんどだったが、疲れがあらわになった大家を見て、外へ出る。
倉持から高城へパスが入った。

「あきちゃ! 今なら勝負して勝てるよ!」

その直後、高城はドライブを仕掛ける。
反応が遅れた大家は無理やり体をぶつけた。
シュート前のファウルになる。

「おいこら、なに素人に抜かれて……って大丈夫?」

指原が突っかかるものの、肩で息をして辛そうな大家を見て、すぐに心配が表情に出る。

「大丈夫……ちょっと油断しただけだから」
「根性見せろよ」
「……言われなくても」

エンドラインから深中ボールでスローイン。
ボールはトップの倉持に渡る。

「あの倉持ってガードはどうなのたかみな。同じパスが得意なガードでしょ」
「同じ? 彼女と私を同じにするのは悪いよ」
「え?」
「彼女は全然違う。ドライブもシュートも出来る」

高橋がそれを言葉にした瞬間、倉持が指原を抜き去った。
フリースローラインまで進入し、ジャンプシュートを狙う。

「させるか!」

そのチェックに出たのは秋元だった。
ギリギリ指先がボールに触れ、シュートはリング手前に当たって跳ねた。

「リバウンド!」

そう声は出すものの、チェックに出た秋元はもうリバウンドに絡める場所にいない。
珠理奈は柏木を抑えて外のポジション、そして大家はすでに高城にポジションを取られていた。

「あきちゃにリバウンドで勝てるもんか」
「しーちゃん!」

がっちりと高城のスクリーンアウトが決まる。
かわそうにもそれだけの体力がない。
ボールに飛びつく高城を、見ていることしかできない。

(たった1年で全国大会のスタメンか……)

圧倒的な高さで高城がリバウンドを奪う。
ドンッと1回ドリブルをついて、ゴールへ踏み込んでくる。

(私なんて……先に行った2人をコートの外から見てるだけだった……中学のときからずっと)

大家は正面に回り込む。
しかし高城は構わず向かってくる。

(だから……こうして同じコートに立てるときを……何年待ったと思ってる……!)

突っ込んでくる高城のシュートを大家が抑え込む。
そのままボールを弾き飛ばした。

「高城をブロックしたああ!」

弾かれたボールを指原が拾う。
速攻へと振り向くと、その正面には倉持が待ち構える。

(1対1はあんまり得意じゃないでしょ)

ここまでの試合で、指原が自らドリブルで切れ込んでいくタイプのガードではないことを倉持は把握していた。
抜かれるリスクを背負ってでも、パスが出る前に距離を詰める。
指原相手ならば1対1で止められる、と。

(パス……無理か!)

迫ってくる倉持に指原はひるんだ。
前を走る北原が見えたが、同時にその奥に柏木も見える。
長いパスは読まれて潰されかねない。
目の前のディフェンスを抜くしかない。

(あのブロックを……無駄にできるわけない!)

指原はドリブルで勝負を仕掛けた。
倉持との距離がつまった瞬間、右側に突き出したボールを鋭く切り返す。

「なにっ……!」

低く、鋭いクロスオーバーで、倉持を破った。
残るは柏木のみ。
ギリギリまで柏木を引き付けてからパスを裁く。
走り込んできた北原のシュートが決まった。

「おーし、ナイス速攻!」

大家、北原、指原、3人が手を合わせる。
このプレーの後、アウトオブバウンズで時間が止まったとき、大家と北原に交代が告げられた。
交代を待つのは、宮澤と玲奈。

「宮澤さん。あと頼みます」
「任せろい」

高城のマークでフラフラの大家の手を宮澤ががっちりと握る。
お互いに強く頷いて入れ替わり、そして高城の前へと立った。

「こっからの相手は元気な奴だよ」
「あ、私も元気なので大丈夫です」

宮澤と高城が向かい合うと同時、玲奈もマークマン岸里と睨み合う。
再び岸里のディフェンスは玲奈へのフェイスガードだった。

「睨んだって無駄ですわ」
「……前半の借りを返す」

張り付いてくる岸里の体の前に無理やり足を入れてボールを貰う。
スリーポイントは打たせない距離で岸里はプレッシャーをかけてくる。
右、左、とボールを振ってから右ドライブ。
岸里は反応してくるが、その後ろで壁になる秋元に衝突する。
フリーになった瞬間のジャンプシュートが決まった。

「玲奈だけじゃねえ」

柏木のフェイクからのドライブ、珠理奈は振り回される。
踏み込んでくる柏木に対して、大きく後ろへ下がったディフェンス。
それを見てのジャンプシュート、間合いは開いていた。

「貰った」
「まだだ!」

珠理奈はシュートチェックへ飛びつく。
高く伸びた右手がシュートに触れる。

「うそ、何で!?」

リバウンドは秋元が取る。
宮澤は飛ばずにひたすら高城を外へと押し出した。

(高城は飛ばせちゃダメだ。ボールを取るのは才加でいい)

十桜のオフェンス、指原からのパスはハイポストで構える宮澤に飛んだ。
振り向いてから、シュートを構える。
高城を飛ばしてドライブ、2人のディフェンスを引き付けたところでパス。
ゴール下でそれを受け取るのは秋元。

「決まった―! これで……2点差!」

お互いに点を獲り合う展開。
しかしこの場面、十桜が少しずつ追い上げていた。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

これからどうなる!?

Re: タイトルなし

> キラさん

コメントありがとうございいます。
どうなるんでしょうか。
お楽しみです。
プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。