FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第60話

第60話「柏木の実力」

小さな左フェイクから右ドライブ。
低い姿勢で突っ込んでくるそのドライブに、珠理奈は反応した。
斜め後ろに下がりながら、コースを切る。
回り込んで向かってくる柏木を正面から受け止めようとした。
しかしぶつかるそのとき、珠理奈の前から柏木が消える。
ハッとしたときにはもうすでに、わきを抜ける。
珠理奈は不思議な感覚に陥っていた。
あり得ないとは分かっていても、抜かれたときのその感覚は確かだった。

(すり抜けた……?)

柏木はそのままジャンプシュートに移行する。
完全に反対方向に揺さぶられ、抜き去られた珠理奈は反応できない。
その手から放たれたシュートは、リングを射抜いた。

「……綺麗だ……」

コート上の選手はもちろん、そのシュートを見ていた全員が息を飲んだ。
珠理奈をドライブでかわしてからのジャンプシュート。
その一連の動きは余りになめらかで柔らかい。
ドリブルからボールをキャッチ、飛び上がってシュートをリリースするまで。
絵でしか見たことがないような、まさに理想とも言えるフォームだった。

「いきなり柏木決めてきたー! なんて美しいシュート!」

すぐに珠理奈はパスを貰い、柏木に1対1を仕掛ける。
ボールを振ってからのドライブに柏木は回り込む。
そこからロールターンを狙う。
自分の背中越しに柏木がそのロールに反応したのが見えた。

(完全に振った!)

柏木が動いたのを見てから、そのロールをピタリと止める。
そしてもう1度おなじサイドにドライブを仕掛けた。
しかし抜いた、と珠理奈が思った瞬間、体がぶつかる。
何故か柏木の体が正面にある。
ドライブの勢いそのままに接触すると、柏木が倒れた。

「オフェンス! チャージング!」

審判が興奮気味に拳を突きだした。
完全に回り込まれたことが自分で分かっていた珠理奈は何の抗議も出来ない。
止めた柏木は高城によって引き起こされ、ハイタッチをかわす。
何も言わずにボールを審判に渡す珠理奈には、すぐに宮澤が駆け寄り声を掛ける。

「ドンマイ。この調子で積極的に仕掛けていこ」

その言葉に頷き、珠理奈はディフェンスに戻る。
倉持がボールを運び、またも45度の位置で柏木にパスが入った。
1回目のオフェンスと同様に細かいフェイクを仕掛けてくる。

「柏木のオフェンスとディフェンス……どちらも使っている技術は1つ」

珠理奈に対し、抜き去ったオフェンスと完璧に止めたディフェンス。
篠田はすぐに柏木の技術の高さに気付いていた。

「フェイク。外から見ていて引っかかるほどの」

バスケをやっていれば誰しもが使う、フェイク。
ボールを振るだけなら、誰でも出来るが、その技術の奥の深さはまさに底なしだ。
そして柏木のフェイクは篠田の目で見ても高校トップクラスのフェイクだった。

「オフェンスは相手が完全に重心を移動させてしまうほどに引っかけてる。ディフェンスは自分の行かせたい方向にオフェンスを操ってる。多分やられた松井珠理奈からしてみれば、相手の柏木が相当速く動いているように見えてると思う」

またも柏木が珠理奈をかわす。
ヘルプが出てきたところにゴール下、高城と合わせる。
オフェンスで珠理奈もやり返そうとするが、柏木を抜くことができない。

(読まれてるのか……!)

ようやく珠理奈は柏木に自分が操られていることに気付く。
右にフェイクをかけ、右に動く相手が見える。
しかしそれは相手のフェイクで、左にドライブを仕掛けてくるのを待っているだけ。

(読み勝たないと突破できないわけだ)

珠理奈はさらにその先を読んでフェイクを仕掛けるが、そのボールを柏木がスティールした。
倉持がボールを貰い、高城が走る。
パスが投げられる前、指原が倉持の抱えたボールを外にはじき出した。

「指原が使っているのもフェイクだ。柏木と同様にオフェンスの動きを絞り込んでる」

第2ピリオドから指原は倉持の剛速球のパスに対応し始めていた。
ドライブを警戒していると見せておいて、パスのチェック。
見てから反応するより一歩速く動ける。
その一歩がオフェンスにとっては大きなフットワークの向上に感じられる。

(受け身じゃダメだ。こっちから仕掛けないと)

ボールを持った柏木に珠理奈はスティールを狙う。
しかしそれも誘い込まれた動き。
フェイクで珠理奈を抜き去り、ジャンプシュートを決める。
やはりそのフォームは美しい。

十桜のオフェンス、2度止められていても、指原は珠理奈を使う。
フェイクで柏木を動かし、ドライブする。

「抜いた! ……いや!?」

柏木を抜いた先に待ち構えるは高城。
珠理奈がドライブを止めた瞬間、ボールを柏木がはじき出す。

「抜かせたのもフェイクだってことかよ」

敢えて珠理奈にドライブさせ、高城と挟み込む。
始めから柏木の狙い通りのプレー。

(異常なまでに綺麗なフォームとフェイク。あれはゆきりんが幼いころからNBAを見て憧れていたからこそ出来る技)

倉持は柏木のその綺麗なプレースタイルの根本を知っていた。
幼少期に偶然にも目に入ったアメリカのプロバスケットボールリーグ、NBAの影響が非常に強い。
バスケが好き、と言っても人それぞれその中身に違いがある。
試合を見るだけの者、実際にやるだけの者。
しかし柏木は選手としてプレーしながらも、レベルの高い試合の観戦は欠かさない。
柏木の理想は自分よりずっと格上の選手。

(もしオオガだったら……タブセだったら……ナッシュだったら……コービーだったら)

それに近づけることが彼女のバスケであった。

「ただガムシャラにバスケが好きな奴とは違う」

秋元がドリブルで1枚目のディフェンスをかわす。
シュートチェックのヘルプに現れたのは柏木。
それをさらにステップインで避けようとボールを下げたところ、柏木の手が伸びてくる。

(シュートチェックはフェイクか……!)

ボールをスティールすると一気に指原、北原をフェイクでかわす。
珠理奈が戻るものの、柏木と高城の2対1。
突っ込んでくる柏木に対し、珠理奈はチェックに出る。
その瞬間、柏木が高城にパスを出す。
珠理奈はそのパスに飛び出した。

(貰った!)

パスを読んでいた上での反応だった。
早めにパスコースを空け、パスに誘い込む。
しかし、そのパスは出なかった。
目線、動き、受ける高城ですらパスだと思い込んでいても、それはフェイク。
そのまま柏木がレイアップを放り込んだ。

「ダメだ……フェイクの掛け合いで柏木には敵わない」

篠田麻里子が険しい表情で言った。
十桜が掴んでいた流れがすぐにかき消された。
そして再び深中に戻ろうとしている。
何よりもエース柏木がきっちりエースの仕事を果たす。
逆に十桜の珠理奈は何もさせてもらえない。

「松井珠理奈が何にも出来なかったら、このままこの試合終わっちゃうよ」

続く

長らく更新落としてました、お久しぶりです。
ちょっと最近書く時間が足りなくて更新に時間がかかってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

お久しぶりです(・ω・)ノ

俺も来るのが1ヶ月くらいできなくってすいません(>_<)

やっぱり文章上手な人は羨ましい…

臨場感半端ないです♪

これからも頑張ってください( ´ ▽ ` )ノ

Re: タイトルなし

> キラさん

コメントありがとうございます。
いえいえ、こうしてコメントしてくださるだけでも励みになります。
文章上手じゃないです。
頑張ります。
プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。