FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第54話

第54話「カムバック」

「さて……渡廊高校、どう攻める?」

集めたデータを基に、試合中にでも修正するのが渡廊高校。
観客は渡廊の次の策に期待を膨らませた。
浦野と再び代わったガード多田が指示を送る。
パスは渡辺に裁かれた。

「また21番!? 前半と変わってないぞ、渡廊!」

渡辺のマークマン、前田にスクリーンがかけられる。
それを使って渡辺がドライブ、帝桜ディフェンスはマークをスイッチして対応してくる。
この一連の流れでフリーになった選手はいない。
やはり攻め手がない。
前半と同じことが繰り返された。
それでも渡辺はシュートを打つ。

「決めればいいんでしょ」

苦しい体勢からのジャンプシュートを決める。
セットプレーに対応された今、決していいシュートとは言えないが、それで繋ぐしかない。
データに基づいた、確率の高いシュートはもう無い。

「増田のスリー! 帝桜完璧なオフェンス!」

増田のスリーポイントが突き刺さる。
2点取っても3点返される。
結果、点差が広がる。

「ダメだ! 麻友が必死で取った点を簡単に返される」
「何か無いのー! 麻友―!」

ここまで渡廊が追い込まれる試合を目の当たりにするのは、十桜高校は初めてだった。
自分たちが勝った地区予選の試合でさえも、渡廊はどこか余裕があった。
極わずかな計算違いで負けてしまったような、次戦えば間違いなく勝てるだろう、という余裕。
しかし、この試合においては、それが全く見えない。

「渡辺にパスが入らない!」

スクリーンを使う渡廊に対し、厳しいチェックで渡辺へのパスを帝桜は封じる。
多田は逆サイドの仲川にボールを回すしかない。
ボールを持つ仲川に、岩佐がスクリーンをかける。
瞬間、仲川がシュートを構えた。

「スリーがあるのは知ってる」

増田がチェックの手を伸ばす。
仲川はその脇めがけてドライブを仕掛けていく。
そのパターンは読まれていたのか、抜ききれない。
それでも合わせ、スクリーンをかけていた岩佐が同時に切り込む。

「そう簡単に中に入れさせへんよ」

しかし、その岩佐に対しても山本がきっちりパスコースを塞ぐ。

「仲川と岩佐の2対2も止められた!」

ボールはまだ仲川の手元にある。
仲川はまだパスを狙っていた。
切れた岩佐を見送って、さらに奥。

「……これを待ってたんですよ」

そこにはフリーの渡辺がいる。
前田と大島には、多田と小森、2枚のスクリーンがかかっている。

「ディナイを厳しくすれば、裏を取られやすくなる。当たり前です」

パスコースを塞ぐために、ディフェンスの体は大きく渡辺に覆いかぶさる形になる。
体が接近していれば、先に動けるオフェンスは絶対に有利だ。
それをスクリーンを利用してさらに、足止めする。

「全部読んでたのか……!」

スクリーンにぶつかった瞬間に大島は理解した。
自分に厳しいチェックがくることを読んでいたセットプレー。
仲川がボールを受けた時点から始まっていた。
渡辺にパスが通り、シュート体制に入る。
あとはこのジャンプシュートを決めるだけ。
しかし不意に、視界に大きな影が迫ってくる。

「させない」

光宗薫だった。
高く、激しいブロックが渡辺のシュートを襲った。
ボールが外に弾き飛ばされる。
ブロックの迫力に気圧されたのか、体力的な問題か、渡辺はガクン、とその場に尻餅をついた。
見上げると、目の前の光宗の冷たい視線が振ってくる。

「ここまでだよ。1人でやるのも限界だ」

渡辺は何も言い返せなかった。
流れを変える最後と言ってもいいチャンスは、潰された。

「うわああ! なんだ今のブロック! 帝桜鉄壁のディフェンス!」

会場の雰囲気も帝桜に傾いた。
驚くようなプレーがもっと見たい、そんな雰囲気だ。

「……ここまでね」

渡廊の監督尾木が小さな声で呟いた。
ベンチの選手に目を移す。
経験のために、レギュラーでは無い選手の起用が頭によぎった。
その時だった。

「まだだよ、先生」

尾木の小さな呟きが聞こえていたか否かは分からないが、そう言いながら1人の選手が不意に尾木の前を通り過ぎた。
スタスタと尾木の前を通り過ぎると、テーブルオフィシャルズの元まで向かう。

「交代お願いします」

そのままその選手は自らの交代を告げた。

「わさみん、交代」

状況が呑み込めないのは、ぽかんと口を開けたまま言われるがままに交代した岩佐だけでは無かった。
監督である尾木もコートの選手も、全員が呆然とする。
交代したのは他でもない、渡廊高校、背番号6番。

「菊地!?」

突然現れたのは、菊地だった。
ハーフタイムの最後で突然出ていったきりだった。
驚く渡廊選手をよそに、菊地は笑ってみせる。

「外走ってきた。気持ちの切り替えと身体の温めなおし、両方できた」

そう言う菊地の額にはうっすらと汗がにじんでいる。
体は万全の状態で戻ってきたようだ。
そして前半の、戦意すら失ったような、暗い表情は無い。

「きくぢ! 待ってたよ!」
「待たせたな、はるか」

途端、無邪気に抱きつく仲川を菊地は慣れた様子で受け止める。
菊地のことを一番に心配していたのは他でもない仲川だった。
仲川の肩をポン、と叩きながら、その仲川越し、転んだまま菊地を見上げる渡辺が見える。

「……なに泣きそうな顔してんの、麻友」
「菊地さん……」
「勝つんでしょ? ここからじゃん、勝負は」

そう言って菊地は渡辺に手を差し出した。
菊地の穴を埋めるため1人で点を取り続け、そして帝桜の圧倒的な力に押しつぶされそうになっていた渡辺にとってはまさに救いの手だった。
渡辺を引き起こしながら、その様子を見つめる前田に視線を移す。
第1ピリオド、コテンパンにやられた相手だ。

「ふーん、戻ってきたんだ」
「悪いね、諦めは悪い方なの」

試合は再開される。
菊地のマークは再び前田に戻った。
多田から菊地へ、ボールは渡る。
今度は迷わず、菊地が仕掛ける。

「私が巷で何て呼ばれてるか……知ってる?」
「知らない」
「教えてあげるよ……『カムバック菊地』だ!」

鋭いクロスオーバーからのドライブで菊地は前田を抜き去った。
ストップジャンプシュートが決まる。
渡廊にとっては久しぶりのまともな得点だった。

「『カムバック』って……そんな呼び方聞いたことないんだけどなあ」
「何か言った? 麻友」
「い、いえ。ナイッシュ―です。カ、カムバック菊地さん」
「うん。まだまだこれからだよ!」

大島がゆっくりとボールを運んでくる。
菊地はマークマンの前田へ向き直る。

「多分、あんたの言ってることは正しいよ。確かに私はあの事件で、大事な時期に色々失った」

菊地の言葉を前田は何も言わずに聞いていた。
ボールはまだ大島から動いていない。

「でもそれが、今を諦める理由にはならない」

小森の声で気づく。
後ろから光宗によるスクリーンがかかっていた。
その瞬間、前田がゴール下に走り、大島からパスが飛ぶ。

「気にしたって仕方ないじゃん。過去のことをさ」

菊地がギリギリパスコースに飛び込み、ボールはカットされた。
スクリーンが決まり完全に出遅れていた場面だったが、体を投げ出さんばかりの飛びつきだった。
このプレーには、試合を見限っていた観客も驚きの声を上げた。

「大事なのは過去より……今日」

続く

あやりんは参加してませんが、ワロタの「青い未来」好きです。
最後のセリフはその歌詞からパクリました。

あと、組閣がまだ受け入れられません(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

文章力すげ~

俺はこんなに書けない(>_<)

組閣は気に入らなかったよ(>_<)

海外に飛ばすのはひどい…

Re: タイトルなし

> キラさん

コメントありがとうございます。
大変なお褒めの言葉、嬉しいです。
組閣は納得できる理由がほしい所ですが、もう慣れていくしかないですね。
プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。