スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第53話

第53話「勝ちたいんです」

「また外れた! 渡廊高校シュートが決まらない!」

リバウンドを帝桜が制すると、速攻が返ってくる。
大島を先頭とした強力な速攻に、渡廊は対処できない。
点差が開く。
第2ピリオド後半、渡廊の落ちたシュートを帝桜が速攻で返す場面が多くなってきていた。

「渡廊は完全に勢いが止まりましたね」
「そりゃそうだよ。ここまで攻守の中心だった渡辺が完全に敦子に抑えられてる」

渡辺が何度も前田に勝負を仕掛けるが、中々シュートを打ち切ることができない。
ディフェンスを引き付けることが出来なければ、他の4人もフリーでシュートを打てなかった。
個人技の1対1における帝桜の強さは言うまでもない。

(何だこの人……私のバスケを全部読み切ってる)

シュート、ドライブ、フェイク。
何をしても前田が先に手を打っている。
そのキレはマッチアップする時間が経てば経つほどに増していった。

「落ち着こう! 形作るよ」

浦野の指示で渡廊はセットプレーに移行する。
スクリーンを使って一瞬フリーになった渡辺にパスが飛んだ。

「浦野はそれでも渡辺を使いますね」
「この試合の渡辺は抜けてる。帝桜のディフェンスを突破するとしたら彼女しかいない」

浦野がそのまま前田にスクリーンをかける。
それを使って渡辺がドライブする。

「あっちゃんスクリーン! ゴチャゴチャくるよ!」

渡辺はドライブに大島が出てきた隙間を縫って、浦野にパスを戻す。
すぐに浦野は前田と大島に囲まれるが、ワンタッチで渡辺にもう一度パスを出す。
反対側のスクリーンプレーによるかく乱でゴール下にディフェンスはいない。

(抜けた!)

そう思った瞬間、後ろから手が出てくる。
ボールがスティールされ、線を割る。
反応してきたのは大島だった。

「あれでダメー!? 嘘でしょ!」

高柳は頭を抱えた。
予選での渡廊との対戦では何度も食らったセットプレー。
そのほとんどが初見で対応できるものでは無かった。
しかし、帝桜は目の前でそれを守りきった。
苦し紛れのシュートは決まらない。

「どんどん差が広がるー! ここまでか、渡廊!」

帝桜は確実に1対1で崩し、パスの合わせで得点していく。
渡廊のシュートは決まらない、帝桜のシュートは決まる。
一方的な時間帯がやってきた。

「渡廊攻め手無し!」

渡辺が強引に突っ込んでファウルを貰う。
渡廊の得点シーンは、運よく苦しいシュートが入るか、相手のミスによるフリースローしか無くなった。

「麻友がフリースローを外した……? 珍しいな」
「もうきついんだよ。ずっと走ってるもん」

何とか食らいつくためのオーバーペースで渡辺は大きく体力を消耗していた。
点差は離れて17点。
あっという間に帝桜の圧倒的なペースで前半が終了した。


「後半もこのまま。渡辺中心で行く」

ハーフタイム、監督、尾木の言ったことが選手は信じられなかった。
まだ1年生、体力に関して言えば中学生に毛が生えたようなもの。
肩で息をする渡辺は誰がどう見ても、限界だった。

「ちょっと待ってください! 麻友はもう限界です! 他になんかあるでしょ? うちらまだやれます!」

すぐに意見したのは仲川だった。
2、3年生の立場であれば、試合で頼られているのが1年生であるのは悔しいのは当然だった。
仲川の言葉に、尾木は厳しい表情を返した。

「現状、渡辺以外で通用する者がいるの?」

スリーポイントを決め続ける増田にスピードで小森を翻弄する光宗。
仲川を置き去りにする大島に、渡辺と互角に渡り合う山本。
そして渡辺を抑え込む前田。
その実力差は誰よりも選手自身が、前半で痛感していた。

「……私の口から直接言わせないでちょうだい」

尾木が唇をかみしめた。
厳しい言葉も、勝つため。
そのための最善の指示。
まだ諦めていないが故の言葉だった。

「いやでも実際、麻友はもう」
「仲川さん」

それでも渡辺を心配して言葉を続けようとする仲川を渡辺は静かに制止した。
深く息を吸い、汗をぬぐう。

「先生、それが最善なんですよね? データでは」
「そうよ。まだ出来る?」

その言葉に渡辺はさらに頷いた。

「私は大丈夫です」

渡辺の言葉に周りは息を飲む。
同時に、前日のミーティングで渡辺が零した言葉を思い出していた。


「私は、データバスケがどこまで通用するのか知りたくてここに来ました」

自分の得意なデータバスケが、全国に通用するのか。
渡廊高校はそれを試すための媒体でしかなかった。

「だから正直チーム自体に愛着は無くて。入ったばかりだし、変な先輩ばかりだし」
(いや、あんたに言われたくないよ)

全員が苦笑いで見つめる中、渡辺は続ける。
普段は人見知りで余り話すことのない渡辺の口がこの時はよく動いた。
そして、初めてと言っていいくらい強い口調で言った。

「でも今は違います。勝ちたいんです。このチームで」

その言葉は、その場にいた全員の、尾木の、仲川の、そして菊地の心に刺さった。
まだ入部して間もない1年生がこれだけ強い思いを持っている。
嬉しく、そして、頼もしいものだった。


「だから……勝ちましょうよ」
「麻友……」

前半で点差をつけられても、1対1で勝てなくても、その思いは変わることはない。
仲川はにっこりと笑って頷いた。

「そうだ! まだまだこれから! 勝つぞ!」

小森も、岩佐も、多田も、浦野も、同じように笑った。
まだ終わってない。
各々がゆっくりと立ち上がって、会場へ、17点差の後半へ、向かう。
そんな中、慌ただしく立ち上がり、違う方向に向かおうとする者がいた。

「おい、菊地! どこ行く?」
「すいません、先生。ちょっと……外走ってきます!」
「はあ!?」

それだけ言うと菊地は、体育館から出ていった。
その後ろ姿を尾木は呆然と見送った。

「ダメね……菊地のバカは何度されても慣れないわ」

ため息をつく尾木とは対照的に、仲川は自信ありげな表情で見送った。

「でも先生……きくぢがバカなときは、期待できるかもですよ」


再び両校の選手がコートに姿を現すと、会場の歓声は大きくなった。
渡廊は、浦野と多田が交代、帝桜はメンバーの交代は無い。

「へえ、凄い。このハーフタイムで何があったんだろ」
「え、何がですか、優子さん」
「いや、相手さ、全然目が死んでないんだよね。むしろ生き返ってる」

圧倒的に強さを見せたはずの前半。
点差以上に、厳しい状況を目の当たりにしたはず。
それでも渡廊高校の選手の表情からは、諦めは感じられない。

「こりゃ後半も……気、抜けそうにないね」

渡廊高校対帝桜高校、第3ピリオドの幕が静かに開けられる。

続く

東京ドームライブ始まりましたね。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

臨場感が半端じゃない。

バスケやってたから分かるけど、プレッシャーの感じとか最高。

素晴らしいです。

Re: タイトルなし

> キラさん

コメントありがとうございます。
経験者の方にそう言ってもらえるのは非常にうれしいです。
更新楽しみにしていてください。
プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。