スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第46話

第46話「飛びぬけた2人」

篠田がレイアップを放り込む。
ダブルチームを抜き去り、ヘルプに出てきた高柳、宮澤、そして秋元をかわしたシュートだった。
誰もが驚くようなプレーだったが、十桜の切り替えは早かった。
すぐにボールをコートに入れ、速攻を返す。
高柳から、走る宮澤にパスが通った。
しかし、視界にはすぐに篠田が入ってくる。

(何でもうそこにいるんだよ……!)

レイアップを決めた瞬間、篠田の位置は自陣のゴールから最も遠くなる。
一番の壁がいない隙を狙う速攻に篠田は追いついた。
1対1では勝てないことが分かっている宮澤は止まるしかない。

(今は技術うんぬんよりその体力に舌を巻くよ……三つ子がかわりばんこに出てんじゃないだろうな)

誰よりも動いているはずなのに、試合終盤になっても全く衰える気配のない体力。
コートの端から端まであっという間に移動する。
それはもはや同じ顔の人間が3人いるのではないか、そう思わせるほどだった。
技術においては隙がない、体力面でも他を圧倒する。
篠田麻里子はやはり次元が違うのだ、と痛感する。

「宮澤さん!」

それでも珠理奈は向かっていく。
ボールを受け取り、走り込んだ勢いそのままにドライブを仕掛ける。
しかし篠田は抜けない。
シュートの直前で体をひねり、外にパスを裁く。
受け取ったのは玲奈。

「スリー……じゃない!?」

スリーポイントシュートのフェイクからドライブ。
すぐにチェックに出ようとする篠田を珠理奈が抑え込み、その間合いを狙ってジャンプシュートを放つ。
これが決まって再び2点差。

「時間も減ってきた。これはかなり大事な攻めになる」

斉藤が目を移したタイマーはちょうど2分を切ろうとしていたところだった。
ガード小林がゆっくりとボールを運ぶ。
篠田に2人ディフェンスがいる分、他4人へのプレッシャーは小さい。
パスを回して、時間を使う。

「この局面でダブルチームは危険じゃないですかね? 他4人はいつでもフリーで打てるんですよ」
「上麻の狙いはそれでいいだろう。時間をかけて確実に2点取る。それで十桜には致命傷だ」

篠田はボールを受け取らなくてもディフェンスを2人引きつけている。
それだけで十分な仕事。
パス回しからのフリーのシュートを確実に決めることが出来れば勝利へ大きく近づく。
しかし24秒が迫ろうとする中、上麻はシュートを打たない。

「まだ打たない! 誰が打つんだ?」
「もしかしてこの状況でも篠田が打った方がいいと考えているのか? だとしたらそれは間違いだ」

勝負所は全部篠田に任せてきた上麻にとって、この場面で自分が打つプレッシャーは大きい。
ダブルチームであろうとも篠田にボールを回した方がいいのではないか、そんな考えが頭をよぎる。
残り10秒を切る。
フリーでボールを受け取る場面は間違いなくあってもシュートが放たれることは無かった。
そんな上麻の選手に監督東堂の声が響く。

「お前たちのバスケを貫け!」

その言葉に、ボールを受けた小林はハッとする。
前にディフェンスはおらず、遅れてチェックに出てくる高柳が見えた。
シュートを打てる間合い、十分決めることが出来る間合い……だが打たない。
視線を篠田だけが残っていた左サイドに移した。
篠田はダブルチームを受けながら大きく手を挙げていた。

「上に出して!」

言葉通り、高いパスが飛ぶ。
パスミスにすら見えるボールだったが、1本の腕が伸びる。
ギリギリで受け止めた篠田がボールを抑えて着地した。
間髪入れずにドライブを仕掛ける。
珠理奈と玲奈が必死に対応し、ゴールには近づけさせない。
しかし次の瞬間、ボールは動く。
外で構える藤江へパスが出た。

珠理奈と玲奈が気付いた時にはもう遅かった。
ボールが動いたことによって、自然と動いてしまう視線。
試合において最も大事なボールを目で追ってしまうことは至極当然なことである。
反射であるそれには逆らえないが、すぐに戻ってくる。
『篠田が視界にいない』という思考。

藤江がワンタッチで、ボールを弾くようにもう一度中へ戻す。
その先には、瞬間的にダブルチームを破った篠田が飛び込んでくる。
ゴール下の長方形、ペイントエリアに侵入を許した。
すかさず構えられるシュートに、珠理奈がチェックに飛ぶ。
速い反応だったが、それを見透かしたように篠田の体はゴールから離れた。
前のめりに飛んだ珠理奈の指先が、篠田の腕に触れる。
その程度の接触では、同時に放たれたシュートに何の影響も与えられなかった。
笛が鳴ると同時、シュートはリングを貫いた。

「バスケットカウント―! これはトドメだ!」

拳を振り上げる篠田に、次々と選手が飛びつく。
絶対決めてくれる、そう信じた結果。
東堂の言葉通り、上麻のバスケを貫いた結果。
上麻は勝負どころで大きなリードを得ることに成功した。
篠田のフリースローが決まったところで、十桜がタイムアウトを取った。

「この勝負所で決めるか……大した選手だ」

ベンチに戻る篠田を見ながら、斉藤は渋々と呟いた。

「凄すぎですね。彼女、中学時代ってどうだったんですか?」
「もちろんある程度名前は知られていたが、今ほどじゃない。あの世代は仕方ないんだ」
「あの世代って……今の3年生ですか?」
「そうだ。あの世代は、『前田大島世代』と呼ばれている」
「前田大島世代?」
「不羅下中学、前田敦子。蛇呂手(へびろて)中学、大島優子。あまりにその2人は飛びぬけていたんだ。全国大会決勝はいつもその2校だった。ポジションは違えど2人のやり合いはすさまじくてな」
「どっちが勝つんですか?」
「勝ったり負けたりだ。最後の大会に関して言えば、前田の勝利で終わっているがな」
「でも……篠田がその2人に台頭したとしても、今の帝桜高校には……」

コートサイドに視線を移せば、そこには帝桜高校の選手がいる。
2回戦、渡廊高校との対戦。
ついに王者が動き出す。
その中心にいるのは、エース前田敦子。
そしてすぐ隣には、前田より少し小柄なキャプテンが立っている。

「勝てないだろうなあ……帝桜には」

袖無学園の高橋がため息をつくように言った。
その言葉を聞いていた小嶋も峯岸も小さく頷いた。
全国優勝、その目標に立ちはだかる最も厚く、高い壁。

「正直、もし十桜に勝って、4回戦で当たったとして。勝てるビジョン浮かんでないわ。にゃんにゃんが頑張るくらいしか」
「えー、たかみな最低ー」
「しょうがないよ、にゃんにゃん。たかみなの気持ちもわかる。……ずるいよ、あの2人が同じチームにいるのは」

前田敦子の隣にいるのは、大島優子。
当然、来ているジャージは帝桜高校のものだ。
中学時代、飛びぬけた選手であった、前田敦子と大島優子。
その両者に追いつかんとする選手達をあざ笑うかのように、高校において2人は、同じユニフォームを着ている。

試合時間は残り1分35秒。
上麻5点リード、十桜ボールでタイムアウトが終了する。

続く

「あっちゃんと優子はライバル、敵同士」と言うパターンを覆したかったんです。
正直今から十桜が勝てるのか不安です。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

更新お疲れ様です!

まりこさま流石ですねー
最後までどうなるか分からないこの感じたまりません!w

そのパターンは俺も思いつきませんでした!
やっぱりライバルと考えて他校として設定してましたー

更新お待ちしてます!

Re: タイトルなし

> あおやぎさん

コメントありがとうございます。
麻里子様はグループの中でも飛びぬけてるイメージがあります。
試合がどうなるかお楽しみにです。
いわゆる「あつゆう」ですが、私はアリだと思っています。
プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。