スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第43話

第43話「白熱」

相手は2人、でこっちは1人。
当然圧倒的に不利。
それでも破る。
それが自分の仕事だというのは分かっている。
距離が縮まる前に、大きくボールを振ったクロスオーバー。
ディフェンスを動かす。
間か、外側か、何とかこじ開けたい。

ダブルチーム相手に放つ篠田のドリブルは見ている者を圧倒させた。
長い手足から繰り出される、大きい、しかし細かいドリブル。
スピードもパワーも2人相手でも引けを取らない。
クロスオーバー、ロールフェイク、バックチェンジ、レッグスルー。
ダブルチームですら、扱い慣れている、というような余裕すら感じさせ、1年生を手のひらで転がすかのようだった。
絶え間なく繰り出される技に振り回されるディフェンスは見ていられなかった。

「やはり急造のダブルチームでは無理か!?」

ついに2人の間に篠田が通るだけのスペースが出来る。
その隙を見逃さずに、大きな体を姿勢低く滑り込ませる。
破る、そう思われたが、ギリギリのところ。
その何とか珠理奈と玲奈は反応し、スペースは閉じられた。

「おし、ナイディ!」

ベンチから大家が声を上げた。
ディフェンスとぶつかりボールは無防備になる。
ようやく篠田を止められる。
そう確信したのだが、ボールは奪えなかった。
前方に突き出した、と思われたボールは篠田のもとへ戻る。
一旦ボールを引くと、今度は一気に玲奈の外側にドライブを仕掛けた。
間を割ろうとドリブルをしたのは、より確実にダブルチームを突破するため最後のフェイク。
それに引っかかり、大きく体制を崩した玲奈の脇を抜こうとする。

「ダメだ、ダブルチーム突破ー!」

しかし、ドンッと篠田の肩がぶつかる。
前に進めない。
目の前にスペースが出来ていたと確信していたが、正面にディフェンスがいる。

(……あ……れ?)

それは間違いなく、松井玲奈。
内側へのフェイクで体勢を崩し、優位を取ったはずの。
何度もそのパターンでディフェンスを出し抜いてきたし、今回も見事にそのパターンにはめたはず。
それでも抜けなかった。

優位を取ったはずなのに、取れていない。
そして、同時にそれは逆にディフェンスが優位を取ったことになる。
動きが止まった篠田のボールを、珠理奈がすかさずスティールした。
前を走る高柳にパスが通り、速攻が決まる。

「止めたー! 篠田麻里子ダブルチーム破れず!」

2対1で戦って、2人の方が勝つ、という当然の結果に観客は沸いた。
相手がダブルチームだった、それに勝負を挑む方が間違っている、そんなことは分かっていても、篠田麻里子だ。
高校生のダブルチームで簡単に止められる選手ではないことは、前半のプレーで証明されている。
むしろ2人を相手しても十分優位に見えるほどであった。
その超高校級の選手を止めた、ということは、ワンマンチームであることも加味して、試合の流れを決定づけたのは明白だった。

(まさかフェイクに引っかかったという、フェイクだった?)

篠田は動揺を隠しきれなかった。
ダブルチームを簡単に破れるとは思ってはいなかったが、正直破れないとも思っていなかった。
何故止められたのか、松井玲奈が何故あのドライブに反応できたのか、考える。

「まあ、あの2人だったら止めるのも当然なのかもね」

篠田とは対照的に、ベンチの佐藤は深くも考えずに、この勝負の勝因を感じていた。

「なんせお互い隣の選手がそれだからねえ……」

ダブルチームを組む相手。
珠理奈は玲奈、玲奈は珠理奈。
チームメイトでありながら、誰よりも強いライバル意識を持つ相手。
自分の側から破られるということは、抜かれた相手に負けただけでは済まない。
もう1つの敗北もくっついてくる。
篠田を止めることが出来た理由は、理屈もさることながら、意地もある。

「死んでも先に抜かれるわけにはいかない!」

自分のサイドから突破されることだけは、絶対にお断り。
そんな2人が組んだダブルチームは篠田を抑え込むことに成功した。
苦しい篠田からスリーポイントラインの外、藤江へのパス。
放たれたシュートはリングに嫌われる。

「ここでスパスパ決まるようなら、ワンマンチームなんて言われないだろうな」

リバウンドからの速攻、珠理奈と高柳のツーメン。
戻るは篠田1人だが、先ほどのアリウープのようなプレーはもう通用しない。
平気で1人で2人を守ってくる。
ボールを持つ高柳の選択はパス。
しかし、その相手は珠理奈では無かった。

「もう1人いるから」

外に開いていた玲奈がスリーポイントを放り込む。
速攻でのスリーポイント、簡単に3点を取るプレーは相手に与えるダメージが大きい。

「十桜、怒涛の連続得点! みるみる差が縮まるー!」

上麻の攻撃、篠田がダブルチーム相手に強引に押し込んでパスを裁く。
しかし、そのパスを読み、横一杯に広げた珠理奈の腕がボールを弾いた。
篠田のパスミス、そしてまたも速攻。
前半とは真逆の勢い。
レイアップが決まったところでタイムアウトのブザーが鳴った。

「流石に上麻もタイムアウトか」
「どうするんですかね。十桜が第3ピリオドで仕掛けたみたいに何かしないと逆転も時間の問題ですよ」

選手を座らせ、同じ目線になるように東堂は屈む。
点差は縮まり、もう11点差。
篠田も含め、選手が焦っているのは、明らかだった。
そんな選手に東堂はゆっくりと話し始めた。

「ダブルチームが苦しいのも、シュートが入らないのも仕方がない。ただ、自分たちのバスケを見失っちゃだめだ。上麻高校のバスケは何だ? 麻里子、答えてみろ」
「え、私が?」
「そう」
「えっと……わ、私が中心となって点を取ること?」
「そうだ。それがずっとやってきたこと。誇りを持ってんだろ? 難しい余計なことをする必要なんてない」

わざわざワンマンと言われている選手に、その事実を述べさせる。
それは篠田たちにとって嫌味でも何でもない、ただの確認。
練習してきたことをやる、それ以外に試合で出来ることは無い。

「ここ踏ん張りどころだぞ」

パンッと東堂の両掌が打ちつけられ、選手はコートに戻っていく。

「さて……タイムアウトでどう変えてくる?」

小林のボール運びから狙うパスは篠田。
しかし、やはりダブルチームは振り切れない。
張り付く珠理奈と玲奈に対し、前田と藤江が壁になる。

「スクリーン2枚だ!」

珠理奈と玲奈を引きはがして、篠田がパスを受け取る。
スクリーンをかわした珠理奈と玲奈が立ちはだかるが、それにもすぐにスクリーンをかける。

「いくらなんでも狭すぎだ!」

篠田が無理やりドライブで突っ込むが、スクリーンを2枚使えば、その分ディフェンスも2枚寄ってくる。
瞬間的にはダブルチームを突破できてもすぐに目の前にダブルチーム、後ろからもダブルチームの4枚に囲まれる。
その寄りを見てから、冷静にパスを出す。
コーナーまで降りていた小林がスリーポイントを打つが、決まらない。
リバウンドに入る篠田にはやはりダブルチームを張る。
そんな中で、シュートを放った小林、そして一番上の位置にいた藤江までリバウンドに飛び込んだ。

「か、上麻5人全員リバウンド!?」

5人全員がリバウンドに飛び込むということは、先に自陣に戻るセーフティーがいないということ。
つまり相手にリバウンドを取られれば速攻の危険性が非常に高まる。
ディフェンスの方が基本的に内側にいるバスケットボールにおいては、リバウンドはディフェンスの方が有利である。
オフェンスリバウンドは取れれば儲け、そこまでのリスクを背負って取りに行く必要は無い。
しかし、上麻5人はオフェンスリバウンドに飛び込んだ。

篠田に2人掛かりでスクリーンアウトをしているということは、5人飛び込めば1人は絶対フリー。
このときのフリーは小林だった。
落ちるボールの下に陣取っている秋元の横から何とか片手を伸ばしてボールを弾く。
こぼれたボールを前田亜美が拾い、シュートが決まった。

「ホントにセーフティー無しですよ、上麻は」
「監督の指示なのか分からんが、よく全員が頷いたな」

何の迷いも無く飛び込んでいく上麻の5人を見て、斉藤は感心する。
普通そんな訳の分からない作戦に全員が同意できるものではない。

「いくらなんでもそれは危険じゃないですか?」

タイムアウトで5人全員リバウンドを提案した篠田に、小林は珍しくも意見していた。
確かに外のシュートを決められないのは事実であるが、リードしている中でそこまでのリスクを冒す必要はあるのか疑問だった。
ましてや速攻が得意な十桜相手に。
最もな小林の意見に頷きながら、篠田はすぐに答えた。

「取られたら、私が戻って守るから」

誰よりも早く戻って、たとえ相手が2人でも、何人いても守ってやる。
普通だったらつっこみどころ満載の言葉だが、篠田麻里子が言うなら頷ける。
もう頼れるだけ頼ってしまおう、という開き直った気持ちが5人全員リバウンドを生んだ。

十桜の攻撃は、今までと変わらない。
珠理奈と高柳の巧みなパス回しに寄ったディフェンスの隙をついて、宮澤がミドルシュートを決める。
負けじと攻撃に移る上麻は、1つ前のプレーと同じようにスクリーンを使って、篠田にパス、そのままドライブ。
今度はパスを意識した珠理奈と玲奈の間合いをついて、フェイドアウェイシュート。
少しでも気を抜けば、そのシュートは決まってしまう。

「お互いペースが上がってきた!」

完全に上麻のディフェンスを崩すコツを掴んだ十桜と、常に篠田が2人引き付け数的に有利な上麻。
試合は両チーム休むことなく、点を取り合う、オフェンシブな展開になった。
取られては取り返す。
点差は縮まることなく、第3ピリオドは終了を迎えた。

続く

中々更新できなく申し訳ないです。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。