FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第42話

第42話「篠田封じ」

「高柳と松井珠理奈のいいプレーが出た。オフェンスに関しては、大分攻略できてる」
「問題はここから……どうやって篠田を止めるかだ」

ハーフタイムに安西が指示していた、十桜の篠田対策はすぐにコートに表れた。
その大胆な作戦に観客はどよめいた。

「ゾーンディフェンスだとか、フェイスガードだとか色々考えたが……そう来たか」

篠田の目の前には今までと変わらず松井珠理奈。
ゴールへのコースを切るように正面に立っている。
しかし、その分空いているはずのパスコース。
塞がれている。
もう1人の選手によって。

「相手があれだけ開き直ったバスケをしてきてるんです。こっちも開き直らなきゃダメでしょう」

篠田とボールのパスコースを切るように横から覆いかぶさる。
ボールもゴールも篠田からほとんど見えなくなった。

「松井珠理奈と松井玲奈のダブルチーム!」

1年生エース2人によるダブルチーム。
篠田にボールが入る前からベッタリと2人で挟み込む。

「篠田がパスすら貰えねえ!」

流石の篠田もディフェンス2人相手では振り切れない。
必ずと言っていいほど篠田をオフェンスの起点にしていたが、ガード小林は諦めるしかない。

「4人で3人を攻めればいいんでしょ!」

当然篠田に2人ついているのだから、常にオフェンスが数的有利。
パスを回してフリーを作り、シュートを狙う。

「外れた!」

まだまだ体力的に余裕のある高柳の運動量のあるディフェンスが効き、シュートは落ちた。
ゴール下、リバウンド勝負になる。
それでも篠田へのダブルチームは緩めない。

「篠田に2人でスクリーンアウト! 徹底的!」

篠田はゴールにすら近づけさせない。
珠理奈と玲奈が幅の広い壁となって、篠田を押し出た。

「ゴール下はツインタワー!」

リバウンドを宮澤が取り、高柳がボールを運ぶ。
オフェンスは高柳と珠理奈の連携を中心に点を取る。

「10番、11番のプレッシャー半端じゃない!」

ディフェンスは変わらず篠田にダブルチーム。
常に挟んでパスをさせない。

「スクリーンだ!」

どうしても篠田にパスを渡したい上麻は、前田亜美のスクリーンで玲奈を剥がす。
その一瞬の隙をつき、篠田にパスが出る。

「前を向かせるな!」

ボールを受け取った篠田がゴールに正対する前に、すぐに挟む。
激しいプレッシャーで篠田はボールを動かせない。
背中に珠理奈を背負い、肩で玲奈を押しながら何とか前を向こうとする。
その瞬間、ボールが手から弾き落とされた。

「ナイス明音!」

高柳のスティールから速攻になる。
ドリブルで一気にフロントコートまで突き進む。
正面の小林を1対1で抜き去り、フリーでレイアップ……かと思いきや、まだ1人戻ってくる。
あっという間に回り込んできた篠田によって一気に分が悪い。
スピードを落として、速攻を諦めようと思った時。
大外からさらにもう1人走り込んでくるのが見えた。
ディフェンスを引き付けるようにシュートを構える。
篠田がチェックに来るのを感じながら、フワリ、とボールを投げる。
シュートでは無かった。

「やられたことは、やり返す!」

そのボールに飛びついた珠理奈が、そのままシュートを押し込む。
アリウープ。
篠田が先ほどやってみせたプレーと全く同じ。

「10番もアリウープっ! 何だこの試合は!」

歓声の中で、珠理奈と高柳が本日2回目のハイタッチをかわす。
滅多にないアリウープシュートが短い間に2回。
観客は、点差がついている試合とは思えない盛り上がりを見せた。 


「やられたことはやり返す……か。相変わらずだなー2人は」
アップの合間に試合を覗いていた渡辺が呟いた。
聞いていたとなりの菊地が、茶化すように言った。
「おやおや麻友、あっちのチームに入りたいかい?」
「バカ言わないでください。ちょっと懐かしくなってただけですよ。……今は目の前の試合が大事です」
高みの見物を決め込んでいられるのもここまでだった。
自らの2回戦の相手はこの大会最強の相手になると言っても、過言では無い。
「……そうだね。あたしもバカ言ってらんないかな」


「ダブルチームをきっかけに完全に点が止まった」
十桜のダブルチームは見事に上麻の勢いを止めていた。
篠田を完全に隔離させられたオフェンスはリズムを崩し、今までよく決まっていたシュートすら入らなくなった。
リバウンドからの速攻で十桜が追い上げる展開。

「ダブルチームを仕掛けてきたチームは今までいくつもあった……だがここまで麻里子が抑えられたのは初めてだ」
ダブルチームであろうと突破するのが篠田麻里子だった。
それを抑える十桜の1年生に驚きながらも、東堂は冷静に指示を送った。
「それでも篠田は抑えられない」
篠田に対しての指示。
それを聞いた篠田は頷き、バックコートまで上がり、ボールを受け取った。

「あっ……」

珠理奈、玲奈2人して間抜けな声を上げてしまった。
上でボールを受けた篠田は、悠々前を向き、ドリブルを突き始める。

「まさか篠田がポイントガード!?」
「これでここまで封じられていた、ボールを受け取る、前を向く、が同時にできたわけだ」

慌てて再び篠田へのダブルチームを作る。
ドリブルを始めてしまった分、選択肢は少ない。
プレッシャーをかけてボールを奪いに行く。
しかし、篠田はガード並みのハンドリングでボールをキープする。

「奪えない! あの身長でなんてハンドリングだ!」

珠理奈がボールに手を出し、前のめりになった一瞬の隙。
篠田がドライブを仕掛ける。
抜かれるのを何とか阻止しようと強引にディフェンスするが、審判の鋭い笛が鳴り、プレーが止まる。

「ダブルチームでもファウルしなきゃ止められないのか!?」

抜けなかったとはいえ、ファウルを与えている時点で、ディフェンスが負けていることになる。
ダブルチームでも勝てない。
篠田はもはや何をしても飛びぬけた選手だった。
審判にファウルを示され、手を挙げる珠理奈に玲奈が小さな声で言った。

「大丈夫? 珠理奈ちゃん」
「今のはちょっと油断しただけ。そっちこそ」
「私は大丈夫」

フン、と鼻を鳴らし、ディフェンスに戻る。
今度は2枚スクリーンを使って、篠田がボールを受け取る。
あくまでも上麻は篠田のダブルチーム破りに託す。

「さて。勝負だよ。1年ちゃん」

珠理奈と玲奈対篠田。
追いつくか引き離すか、両チームの勢いを決する勝負が1つ、決着しようとしていた。

続く

あまり現実的ではないですが、やはりダブルチームは熱いと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

更新お疲れ様です!

相手に強力なアウトサイドジャンパーが居なくて尚且つ、ディフェンスリバウンドが取れているならば作戦としては現実味を感じました!

W松井がマリコ様を止めれるのか楽しみです!

Re: タイトルなし

>あおやぎさん

コメントありがとうございます。
フォローしていただいてすみません。
ここまで極端な試合は見たことがなかったもので。

楽しみにしていてください。
プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。