FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第36話

第36話「そこにいるんでしょ」

「これで……決まりなんですかね?」
「いや、まだ時間は十分ある。むしろこの時間を残したことが袖無にとってのミス、十桜にとっての救いだ」

最後のオフェンス。
ボールを運ぶ指原の選択は、安定感のあるツインタワー。
秋元が面を取り、宮澤がパスを狙う。
しかし小嶋の厳しいチェックで宮澤はパスを出せない。
ならばと仕掛けたドライブも小嶋に止められる。
もはや小嶋の調子は最高潮に達していた。

「戻して、宮澤さん」

珠理奈の言葉を聞いて、宮澤は素直にパスを戻す。
そのまま素早く、指原へとパスをつなぐ。
「逆サイド!」
そして本当に最後のパスを受けるは、玲奈だ。
時間は10秒を切る。
これを止められればもう一度攻めなおす時間は無い。

スリーポイントを警戒し、チェックに来た峯岸を鋭いドライブでカットしていく。
(この子のドライブは止められない……!)
峯岸を抜き去り、一気にゴールへ向かう。
中には小嶋、若松の2人が待ち構える。

この場面、センターの若松はある考えが頭をよぎっていた。
松井玲奈には外角のシュートがある。
残り時間の少ないこの場面、当然中に突っ込んでくるよりも得意の外のシュートを選択するべきだ。
つまり、峯岸を抜いてからのストップジャンプシュート。
間違いなく、狙ってくる。

その若松の考えをなぞるように玲奈は急停止して、膝を曲げる。
やはり来るか、とギリギリ若松は後手に回らずの反応に成功する。
しかし、チェックのために一歩を踏み出したと同時に気付いた。
玲奈はボールをまだ手のひらに収めていない。

(フェイクか!)
シュートフェイクのチェンジオブペース。
さらに玲奈がゴールへ近づく。
(負けるわけにはいかないんだよ!)
しかし、若松は無理矢理足を動かしてそれについていく。
玲奈の横に張り付いて、完全に抜き去られはしない。
さらに前には小嶋、後ろから峯岸が追いつく。
潰せる、ここでボールを奪える。

玲奈は、多少なりとも焦っていた。
若松を抜き去る予定だったが、まさか食らいついてくるとは思わない。
3人に囲まれ、視界はほとんどなくなった。
完全にターンオーバーの場面でもある。
しかし、焦っていると同時に驚くほど冷静に頭が働いていた。
パスコースはある。
ディフェンスでボールが行き着く場所は目視できないが、パスコースは確かにある。
そして受け取る選手も確かにいる。

(そこにいるんでしょ、珠理奈ちゃん)

ノールックで、といっても見ようとしても見えない、パスを出す。
狙ったポイントは、右ハイポスト。
玲奈が確信していた通り、そのチームメイトは、いた。

(ナイスパス、玲奈!)
バッチリのタイミングでボールを受け取った珠理奈はシュートを狙う。
ディフェンスを完全に出し抜いた見事なコンビネーション。
しかし、珠理奈の視界は塞がれる。

「小嶋、このパスに反応した!?」

読んでいたのか、見てから反応したのか、小嶋が珠理奈に迫る。

「チェェェェェェック!」

そのままジャンプし、右手を高く伸ばし、珠理奈のシュートコースを奪う。
チェックの高さは驚異的であったが、瞬間。
小嶋の表情は凍りついた。
飛んだのは自分だけ。
珠理奈は飛んでいない。
ボールはピタッと止まっている。

落ちてくる小嶋に合わせるように珠理奈は飛ぶ。
体が接触する。
そのまま残った左手でシュートを放った。
ファウルの笛は鳴っている。
放たれたシュートは、リングの上を、跳ねる。

(……入れ)

ガン、ガン、とじれったくボールは踊る。
リング上を何度か寄り道したボールは、やがて重力に従い、ネットを通過した。

「バスケットカウント! ワンスロー!」

審判が興奮気味に腕を振り下ろし、小嶋のファウルを示した。
歓声が再び大爆発した。
珠理奈は無意識に拳を振り上げていた。

「っしゃああああ!」

駆け寄ってきたメンバー1人1人とハイタッチをかわす。
宮澤、指原、秋元、そしてアシストを貰った玲奈とも気合の入ったタッチを交わす。
残り5秒の土壇場で同点。

「……てか、このフリースロー決めれば……再度逆転……!」

何も言えずに呆然と立ち尽くす小嶋に、すぐに高橋が駆け寄り、優しく肩を叩く。
「あそこでチェックに行かなきゃ、止められなかったんだ。気にしない!」
その言葉に、小嶋は黙って下を向いた。

珠理奈がフリースローのためにボールを受け取る。
ドリブルを2回つき、クルッと手の中でボールを回す。
いつものルーティーンだ。
会場中の視線が珠理奈に、その手にあるボールに、集中する。

「決めれば逆転……外せば延長ですね」
「あの松井珠理奈が外すわけないさ、初めから狙ってんだから」
「狙ってる?」
「見てれば分かる。ここで外すような心臓じゃない」

両チームの、コート上の選手、ベンチ、応援、全員が祈る。
半分は決めろと。半分は外せと。
会場が静まり返る中放たれたシュートは、スパンといい音を響かせて決まった。
残り時間5秒。
1点差で都立十桜が逆転した。

「決まりだろうな……タイムアウトも無い。策も無しに5秒で点を取るのは無理だ」

最後のボールを受け取ったのは高橋。
一気にスピードでディフェンスを破りに来る。
1つの奇襲でもある。

しかし指原、珠理奈の2人がチェックに行く
センターライン手前、しかも2人を背負いながらのシュートはリングに届くことなく落ちた。
同時にブザーが鳴った。
68対69。
わずか1点、されど1点、都立十桜が袖無学園を上回り勝利を収めた。

「勝った……勝ったんだよね」

ベンチでは高柳と佐藤が、大家と北原が、半分泣きながら抱き合っていた。
全国大会1回戦、というプレッシャーから解放された瞬間でもある。

「にゃんにゃん。並ばないと」

高橋と峯岸に促されて並ぶ小嶋の顔は、下を向いていて珠理奈からはよく見えない。
しかし顔を覆った手の間から見える頬には間違いなく涙が伝っていた。
慰める高橋の声には首を振り、声も出さずに、ただただ小嶋は泣いていた。
いつかホテルの廊下で迷子になっていたときの涙とはまるで別物。
結局、小嶋は泣き止むこと無く、挨拶を済ましてコートを後にした。

「よっしゃ、勝った、勝った!」

宮澤と指原が、改めてハイタッチをかわす。
アリーナを出て、控室に向かう廊下でも嬉しさを抑えきれないメンバーの顔からは、自然と笑みがこぼれた。
厳しい試合だったからこそ、喜びも一入である。
この勝利が、夢への一歩に確実になる。

「ありがとうございました。十桜さん強かったです」

驚いた顔をする秋元に、袖無学園キャプテンの高橋は頭を下げた。
それは、試合後のストレッチ、アイシングを各自が行っているときであった。
高橋、峯岸、小嶋の3選手がわざわざ十桜メンバーの元までやってきた。

「こ、今度は負けないように……」
何事かと真剣な表情で十桜メンバーが耳を傾ける中、高橋の言葉は詰まる。
途端に唇をグッと噛みしめ、眉毛は情けなくハの字に曲がった。
「ちょ、たかみな、わざわざ負かされた相手の前で泣くのは嫌がらせすぎるって」
「い、いやっ、そんなつもりじゃなくて……す、すいません……うえっうえっ」

結局、高橋の一度決壊した涙のダムはしばらく止まることはなかった。
困った顔で慰める峯岸も頭を下げる。

「すいません、うちのキャプテン涙もろくて。むしろコート上で我慢できた方が快挙なんですよ」

ただの試合後の挨拶なんです、と号泣する高橋を見ながら、峯岸と十桜メンバーが苦笑していたところ、後ろからピシャリと強い声が飛んでくる。

「冬は」

それは試合後全く言葉を発していなかった小嶋だった。
ようやく涙が止まり、声を出せるようになったというところだろう。

「冬は絶対負けない。都立十桜、覚えとくから」

一瞬、誰の声なのかと思うほどに強い口調で小嶋は言った。
その表情は試合終盤に見せたものと同じく、鋭い。
何度見ても、試合前日には廊下で迷子になり、相手も把握していなかった選手とは思えない。
そのまま小嶋は、口を尖らせてその場を後にしようと足を進めた。
しかし、2、3歩のところで何かを思い出したかのように止まった。

「だから……うちらが勝つまで負けるな」

その言葉に、おそらくその場にいた全員、小嶋自身も含め、表情が和らいだ。
すぐにその言葉に返す声が上がる。

「当たり前だ! うちらだって、負けない。今度はきっちり抑えるから」

試合前に啖呵を切り、試合中は小嶋とマッチアップしていた宮澤がそれに答えた。
その言葉に小嶋は少し笑うと、「そっちが優勝すれば、雑誌くらいは名前出るかな」と尺を忘れない峯岸と、やっと落ち着いて頭を下げる高橋と共に去っていった。


「十桜の1年生2人にはまた驚かされたな。試合を決めちまったよ」
そう言って斉藤は足を投げ出して、腕を伸ばす。
息がつまるような試合を見ると、疲れるのは選手だけではなかった。
「松井玲奈と松井珠理奈のコンビ。よくあんなパスが通りましたよね」
敵に囲まれて見えない状況でのパス。
完全にイメージが一致していなければ、通らないし、シュートに行けない。

「でもって最後のバスカン。あれは凄い」
斉藤はさらに声を高ぶらせて続けた。
「あの場面、小嶋をフェイクにひっかけた後、普通にドライブに行くこともできた」
リードされていると言っても、2点。
完全に小嶋が飛んでしまっているのであれば、そのまま抜き去って確実に2点取って追いつけた。
「つまり……わざとドライブに行かずファウルを貰って試合を決めようとした……でも何で……?」
「おそらく、小嶋だ。あの天才がしり上がりに調子を上げて来ていたのを見て、延長ではどうなるか分からないと踏んだんだろう」
「『狙ってる』ってのはそういう意味ですか……彼女はそこまで考えてあのプレーを選択したんですか」
「本当のところは分からん。そうだとしたら恐ろしい1年生だ」

言葉通り、斉藤は恐ろしさを感じていた。
ついこの間まで中学生だった選手の度量ではない。
もっと言えば、地区予選のガムシャラに点を取るプレーよりも遥かに成長している。

「次は……どうなると思いますか?」
「うーん……勝ち目が無いとは思わないが……なんせ日本代表候補だからな」
「U-18代表が出てくるわけですか」
「バカ言うな。そっちは『候補』じゃねえだろうが」
「えっ……?」

そんな会話が交わされているときと同じ頃、大接戦であった袖無学園対都立十桜を見届け、その集団は席を立つ。

「結局都立十桜かー」
「残念でしたね。小嶋と勝負したいって言ってたのに」
「まあ……十桜は十桜で面白そうな相手がいたからいいかな」

背中に背負う名前は、『上麻(かみあさ)高校』。
都立十桜2回戦の相手である。

続く

1回戦突破です。
次の相手……わかりますかね?
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

更新お疲れ様です!

鳥肌が立ちました!
冬もあると信じてます!w

次の対戦相手なのキャラクターが自分の考えてる小説のキャラクターと設定が似ていることがちょっと嬉しかったです!

更新お待ちしてます!

Re: タイトルなし

>あおやぎさん

コメントありがとうございます。
冬ですか!?
そこまでの話となると、かなり長くなってしまいますね(笑)
このお話が冬まで続くのかどうかはお楽しみです。
あの少ないヒントで次の対戦相手どんなチームか分かりましたかね?
更新がんばります。
プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。