FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第33話

第33話「気にしすぎ」

第3ピリオドが始まってすぐに、観客は驚かされた。
袖無学園、エンドラインからのスローイン。
トップには宮澤、サイドには珠理奈と玲奈、真ん中には指原。
ディフェンス4人が、袖無学園のバックコートで待ち構えている。

「十桜が……オールコートゾーンプレス!?」

十桜のディフェンスは1‐2‐1‐1のオールコートディフェンス。
フロントコートから当たり、激しくプレッシャーをかける。

「なんで!? 十桜がゾーンプレスを仕掛ける理由なんて無いはず……!」

何としてでも縮めたい点数があるわけではない。
点数は十桜がリードしている。
しかしそのリードも7点と、余裕がある点数ではない。
わざわざこのタイミングで突き放しにかかる理由は、少なくとも観客には分からなかった。

「向こうの監督は気付いたみたいだな……もう勝負を仕掛けてきたか」

腕を組み、戦況を見守るのは、袖無学園高校監督、河内。
監督歴は長く、年数だけならベテランの域に入るが、全国出場を果たしたのはこの袖無学園で初めてになる。
高橋、峯岸、小嶋の3選手の力が大きかったことには変わりはないが、それでも袖無を中堅校としてのレベルを維持したのはこの河内監督である。

「だが、高橋にはもうこの試合の流れのことは伝えてある……泡は喰わんぞ」

ボールを受けた高橋に珠理奈、宮澤のダブルチームが迫る。
その距離が縮まる一瞬前、高橋の、今度は宮澤の足元を狙ったパスが通る。
十桜のオールコートプレスはあっという間に破られた。
ボールは音羽に渡る。

(まだディフェンスは終わってない!)

戻ってきた玲奈はぶつかるようなディフェンスでプレッシャーをかけていく。
その圧力に音羽は足を引いてしまう。
さらに玲奈はその一歩の隙をついてプレッシャーをかける。

「戻して!」

高橋の声に、音羽は苦しい体制ながらもパスを出す。
しかしその視界を遮るように、指原が現れた。

「ナイスカット! 行け、りのちゃん!」

ベンチの北原からの声を背中に受けながら、前には誰もいないコートを突き進みレイアップを決めてくる。
(上手くいきましたね、指原さん)
すぐにディフェンスのセットポジションに戻るため、言葉は無いものの、玲奈の目線に指原はウインクをして返した。

「なるほど。高橋にいくらプレッシャーをかけてもパスカットは難しいが、高橋が受け手なら他の選手にプレッシャーをかけてパスコースを制限できる」
「それってどっかで……」

少し懐かしむように地区予選決勝リーグを思い出した田中とはコートを挟んで向かい側の観客席。
おー、と小さく声を上げながら十桜の試合を見る少女たちがいる。

「あれ、うちらの作戦のパクリじゃないですか」

ツインテールを揺らしながら、無邪気に笑う姿は変わっていない。
渡廊高校、渡辺麻友。
平嶋とのコンビで指原からスティールを連発した場面は記憶に新しい。
当然彼女たちも、十桜へのリベンジを目指して、トーナメントの頂上を目指して、これから戦っていくことになる。

「またスティールだ! 点差が開く!」

十桜の凄まじいディフェンスは続く。
狙うのは高橋以外からのスティール。
仕方なく高橋が自らスリーポイントを狙うも、シュートは入らない。
それはパスに特化している高橋の弱点でもあった。
リバウンドを制した十桜が、速攻を決める。

「そんな簡単に……離されてたまるか!」

高い位置でボールを受けた峯岸が、一瞬で玲奈、指原を抜き去る。
フリーになった高橋とツーメンの形。

「尺がほしい……なんていうけど結局私が活躍できるのはたかみなのおかげなんだ。たかみなが私をおいしくしてくれてるだけ」

最後は高橋からのパスで峯岸がミドルシュートを放つ。

「それを決めてこなくてどうすんの!」

ボールはリングを綺麗に打ち抜いた。
玲奈の活躍でかすんではいるが、この試合の峯岸のフィールドゴールパーセンテージはかなり高い数値であった。
それは高橋のパスが良いからなのか、峯岸の調子がいいからなのか、それとも技術以前の何かがあるのかもしれない。

しかし、十桜にも、尺がほしくて仕方がない選手がいた。
この試合ここまで、大きな活躍がない選手。
もはや味方の活躍を素直に喜べないほどライバル視する選手である。

(確かに今日の玲奈は凄い……あれを超えるにはもう狙いどころは1つだ……集中)

感覚を研ぎ澄ませる。
確かにどんなところも通るパスだが、所詮はパス。
ボールが透き通るわけでも、瞬間移動するわけでもない。
出し手と受け手がいる、普通のパス。

(感じろ。どこに出すのか)

そしてその時はやってくる。
この時もノールック、そして指原の顔のすぐ横を通したパス。
誰も反応できなかったパスのコースに手が届く。
ついに珠理奈がここまでパスミスなしの高橋のパスを弾いた。

(な、なんでそんな場所に手が届く!?)

パスを完全に読んでいたのなら分かる。
しかしこのときの珠理奈は、コースを読んでいた、という動きではなかった。
パスが出たのを見てから反応したに近い。

高橋だけではない、袖無学園メンバー全員が動揺する中、珠理奈は弾いたルーズボールを奪う。
そのまま得意のドライブで一気にコートを駆け上がる。
ディフェンスに戻る峯岸をかわし、ゴール下の高橋を吹っ飛ばしてレイアップ。
ディフェンスを置き去りにするスピードと並大抵のパワーでは止められないフィジカル。
このワンプレーで一気に観客の目を引き付けるほどであった。

「ごめん、皆」

差し出された手を掴んで立ち上がる高橋の表情は一気に暗くなる。
自分のパスがチームを引っ張っている自覚はあったし、自信もあった。
ボールに触れられたことすら、地区予選に置いては記憶に無い。
それをカットされたということが、チームへのダメージになることは明らかだった。
そんな高橋の頭を、引き起こす峯岸と駆け寄ってきた小嶋は、軽く小突いた。

「気にしすぎ」

全く同じ言葉を、いつか言われたことがあった。
部長になって間もない頃、後輩からの退部届を受け取った時だった。
そのときも、今と同じように責任を感じて下を向いていた。
部員の多い袖無学園バスケ部においては、1人や2人辞めていく部員が出るのはよくあることであった。
それでも高橋にとってはショックでしかない。
自分の考える練習が厳しすぎるのか、理想が高すぎるのか。
悩みで押しつぶされそうになっていたときの、その言葉には救われた。

「たかみなは試合作りもパスも上手いし、最高のガードだよ。だから他の100人くらい? の部員は辞めずに、ついていきますって言ってんの」
「みいちゃん……」

確かに1人の部員は辞めた。
それでも100人の部員は残っている。
何故自分はその100人より1人を気にしてしまっているのか。
当たり前のことが分かっていなかった。

「私とみいちゃんの目標知ってる? 最近決めたんだけど」

峯岸は尺が欲しい。
小嶋はよく分からない。
正直、高橋は2人から目標なんて言葉を聞くのが初めてだった。

「え、何? 全国優勝?」
「ちょっと違う」
「じゃ、なにさ」

バスケ部員であればこれ以上ない目標を言ってみたものの否定された。
もっと低い目標を言われるのか、と戸惑う高橋に、小嶋は峯岸と顔を見合わせつつ、少し照れ臭そうに言った。

「たかみなを全国一のガードにすること」

言葉も出せずに驚いた。
2人がそんなことを考えていたなんて、まるで知らなかった。
そしてなぜか、いや、嬉しさであろう、涙が出た。
自分が1番、そんなタイプだと思っていた2人だった。
その2人が、他人のために頑張る、と言ってくれている。
応えないわけにはいかない。

「なに泣いてんのー」
「い、いやだってさ……」
「まだ目標を言っただけだからね? これからでしょ」
「うん、頑張ろ。全国優勝目指そう」

3人が同時に頷いた。
高橋が勢いよく席を立つ。

「よし! これから猛練習だ!」
「足痛いから無理」
「尺取れないから無理」
「ちょっと待てーい!」

当然、その思いは今でも変わらない。
小嶋と峯岸は高橋のために、高橋は小嶋と峯岸のために。
簡単な言葉で言ってしまえば、強い「絆」がそこにはある。

「さ、パス出して」

パスを受ける峯岸の背中にはべったりと玲奈が張り付いてくる。
高橋を止めたからと言っても、十桜のプレスは終わらない。
その圧力は増しているようにも思える。
それでも袖無は、高橋を中心に素早いパス回しでプレスを崩していく。

(高橋を止めたってのに、なんにも堪えてないのか!?)

変わらぬ表情で平然と攻めてくる袖無学園に、珠理奈も多少の動揺を覚える。
得点を突き放されても、攻撃の軸である高橋を止められても、袖無学園には自らを突き動かす、何かがある。

「こんなところで……うちらは負けるわけにはいかない」

続く

どっちが主人公何だか……書いた人間が一番言ってはいけないことはよく分かっております。
それでもノースリーブス好きなもので。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

更新お疲れ様です!

やはり、多少相手の方を濃く書いたほうが話に厚みがでていいですね\(^_^)/

いやいや、ノースリはいっぱいイメージでてきますもんね!

更新お待ちしてますね!

Re: タイトルなし

> あおやぎさん

コメントありがとうございます。
そうですね、主人公側が薄くならないように頑張ります。
しかし何度見てもこの3人のバランスは完璧だと思います。
プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。