スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第32話

第32話「小さな大黒柱」

第2ピリオド最初の袖無学園の攻撃。
ここまでボールを回すだけっであった高橋が、いきなりドライブを仕掛けていく。
緩急つけたドライブに、指原はついていけない。
しかしトップから切り込んでも待ち受けるは、秋元、宮澤、そして珠理奈の身長170オーバー3枚。
上から覆いかぶさられ、高橋の体は見えないほどになる。
潰された。
誰もがそう思うが、それはつかの間。

突然、ゴール下付近から外へのパスが出た。
真っ直ぐの綺麗なパス。
受け取った峯岸が落ち着いてスリーポイントを決める。

「えっ……今、どこからパスが出た?」

一瞬の出来事に、田中は顔をしかめた。
斉藤は状況が分かっているようで、余裕で笑っていた。
袖無の攻撃はまたも同じパターン。
高橋のドライブにディフェンスが寄ったところで、外にパスが出る。
フォワード音羽のスリーポイント。

「まただ! 高橋が囲まれたと思ったら突然パスが……」
「うむ。1ピリこそ十桜の勢いに押されたが、これが本来の袖無学園の攻撃だ」
「しかし何が起きてるんだか……」

また、同じことが起こる。
高橋を囲んだところから、ボールが突然現れる。
今度はインサイド、センター若松がゴール下を押し込む。

「いつの間にかボールが移動している……」

田中はまだ何が起きているのか把握できない。
間違いなく高橋がボールを持っていたはずなのに知らぬ間に違う選手がシュートを放っている。

「単純なことだ」

いつまでも横でうるさい田中に対して、斉藤がしびれを切らして種を明かす。
当然ながらコート内で対峙する十桜メンバーは、それを待たずとも何が起きているのか分かっている。
しかし、そう簡単に対応できるものではなかった。

「あの密集地帯から高橋が正確無比なパスを出しているだけ」

高橋のドライブ。
2枚目、3枚目、と囲む。
しかし、囲んだ瞬間、高橋の手元からボールが消える。
ディフェンスの腕や足、胴のわずかな隙間を縫ってパスを通している。
そしてそれはほとんどノールック。
体の向きはそのままにボールだけ動かしている。
それでいてパスは完璧。
良いパスを貰えれば、当然シュートの確率も上がっていく。

「やはり修正して来たか……流石だな高橋は」

第1ピリオドの十桜得意の速いテンポから展開から一転し、第2ピリオドは落ち着いたゲーム展開になった。
それはどちらかといえば、袖無学園の得意な展開。
攻撃パターンも徐々に増えていく。
高橋が見事にゲームをコントロールしたのだ。

(この人……ちっちゃいのに、上手すぎる)

身長148センチの高橋のマークにつく指原から見れば、高橋は頭一つ分自分より小さい。
完全なミスマッチであるが、まるでうわ手を取れない。

「渡廊の平嶋に続いて、指原は強敵との対戦が続くな。このポジションのレベルは高い」

それでも指原は負けじとドライブからのパスを見せる。
危険察知能力で相手のディフェンスが一歩動いた逆を突く。
それは高橋を意識した、よく似たプレーだった。
まさかわざわざやり返すようなプレーをしてくるとは少しも思っていなかった高橋は少なからず驚いた。

「もう指原だって全国出場校のガードなんすよ。いつまでも先輩方に負けてらんないっす」

何かスイッチが入ったのか、いつになく強気の指原は、高橋に積極的にプレッシャーをかけていく。
体格で勝る指原の手は、ボールのすぐ近くまで届く。
しかし、そのプレッシャーを見事なハンドリングでかわし、高橋が今までと同様にドライブを仕掛けていく。
何とか指原は食らいつき、高橋がパスを出す直前、察する。

(これはセンター若松へのパス……!)

手を大きく広げて、若松へのパスコースを塞ぐ。
ヘルプで出てきた秋元とのダブルチームで、パスコースは完全に無いように思われた。

(いくらなんでもこれは無理っしょ!)
(……甘いな)

またしても高橋の手元からボールが消える。
どこかにパスが出されたのだ。
(どこ!? コースは完全に無いはず……)
しかし、振り向くと、自分が察知した通り、若松の手にボールがある。
秋元がチェックにいくが、ゴール下、決められる。
(いったいどこを通されたっての……消える魔球だよこれじゃ。どこぞの漫画でもパスまでは消えてないよ)
何が起きたのか全く分からず焦る指原だったが、このとき何も把握できずにいたのは指原だけだった。
客観的に見えていた他の選手、さらには観客席からも何が起きたのかはよく見えていた。

「そこだよ。通されたのは」

指原の状況を察した宮澤が、指をさす。
その指先が示すのは、指原の足元。

「見事に足の間を抜かれたんだよ」
「えっ……マジっすか」

高橋のパスは股抜きのバウンドパス。
そのスピードと正確性、そして目線のフェイクと相まって、抜かれた指原本人は全く気付かなかった。
試合は高橋みなみが支配した。
今度は跳び箱を飛ぶように自分の足の間にボールを通し、後ろの峯岸へのパスを通す。

「なんだ!? あいつ後ろに目が付いてんじゃないのか!?」

背中に、首の後ろ、相手の脇の下、股の下、どこを通しても高橋のパスの精度は落ちない。
すべてがノールックのそのパスを見て観客が、後ろに目が付いている、という表現するのも仕方がなかった。

「たかみなは普段あの人数の部員をまとめてんだよ?」

観客席を大きく陣取る袖無学園の応援団。
そのほとんどはベンチに入れなかった部員である。
中堅校であった袖無学園バスケ部の部員は、高橋達のような経験者から初心者まで幅広く、人数が多かった。
その部員の数は100人近いが、部長である高橋は全員の顔と名前はもちろん、プレイスタイルまで把握している。

「それに比べたら、コートにいる他4人全員の動きを完全把握するなんて……朝飯前でしょ」

峯岸のシュートが決まる。
駆け寄ってくる高橋と、身長差のあるハイタッチを交わす。

「高橋みなみ……あんな凄いパスセンスを持った選手がいたなんて……」
「確かに全国区では名前が挙がるほどの選手ではないな」

渡廊の平嶋のような全国でも有名なポイントガードは何人かいるが、その中に高橋の名前は無い。
簡単な理由であった。

「高橋自身に攻撃力が無いからな。今はガードにはパスに加えて、ドリブルのスピードもシュート力も求められる」

それは高橋自身が一番分かっていたことであった。
身長が低く、運動神経も良いとはとても言えない。
極端な選手になってしまおうとも、1つのことを極めるしかなかった。
そしてそのためにどれだけ努力したのかは、チームメイトが誰よりも知っている。
だからついてくる。

「誰が何と言おうと、袖無学園の魂はたかみなだよ」

まさに魔法のような高橋のパスに十桜は翻弄される。
結局1度のカットも許さないまま、高橋のアシスト記録は10を超えた。


「なにあれ。無様に股抜かれて。あのアホみたいな面ったら、恥ずかしい」
「いやでもしいちゃん、あれ目の前でやられてみ。訳わかんないから」

控室では、指原が必死に高橋みなみの凄さを弁明していた。
第2ピリオドが終わって、十桜高校7点リード。
高橋によって第1ピリオドの勢いこそ止められたが、詰まった点差は1点だけであった。
玲奈のスリーポイントの調子は落ちず、秋元も1対1では負けなかった。
珠理奈は目立った活躍が無いように見えたが、この試合では他のメンバーの調子が良く相対的に目立たないだけで、オフェンスもディフェンスも相手の上を行っていた。
指原も高橋のパスは止められなかったものの、アシストと得点、悪くない記録でここまでを終えている。
しかし、1人だけ、浮かない顔をする選手がいた。
それは、マッチアップ小嶋を前半わずか2点に抑える活躍を見せた宮澤だった。

「宮澤さん」

それを察してか否かは分からないが、後半に向けてのミーティングで安西はまず、宮澤に問いかけた。

「あなたの相手の小嶋陽菜。記録ではアベレージ20点ほどの強敵を2点に抑えたわけですが、正直に言ってどうでした?」

事前に手に入れることが出来た試合の記録だけ見れば、小嶋陽菜の平均得点は20点と非常に高い。
それをたったの2点に抑えたとなれば、相手の得点力は大きく下がっていることになる。
うーん、と唸りながら宮澤は答えた。
「はっきり言ってビックリするほど拍子抜けです。あの前半だけ考えればオフェンスもディフェンスも負ける気がしないです……けど」
「けど?」
「……どうも腑に落ちないです。あれが小嶋の全力なのか。試合に集中してる感じも無くて」
試合中、「あー」だとか「えーん」だとか「いたーい」などと小嶋は何かと騒いでいた。
宮澤は始めは動揺したものの、特に深い意味は無いと分かると、遠慮なく負かさせてもらったのだった。

「そうですね……私もそう思いました。宮澤さんの調子が特別良かったわけではない」
安西も同様に感じていた。
小嶋陽菜の動きは明らかに平均20得点の選手の動きではない、と。

そしてそれだけ言うと、しばらくブツブツと1人ごとを言いながら考え込んだ。
手持無沙汰に選手が顔を見合わせはじめたところで、何かを確信したかのように安西は大きく頷いた。

「そうなると……勝負は第3ピリオドですね」

続く
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

更新お疲れ様です!

やはりたかみなは頼りになりますね!


後半ニャロに期待デスネー\(^_^)/

Re: タイトルなし

> あおやぎさん

コメントありがとうございます。
たかみなさんには皆身長10センチアップの中、そのままの身長で登場していただいているので、その分活躍させたい気持ちがあります。
小嶋さんがどう出てくるかお楽しみです。
プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。