スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第21話

第21話「その瞬間」

足を引いて宮澤が前を向く。
小森の大きな体が、視界のほとんどを覆う。
1回ドリブルを突く。
小森が1歩足を引く。
それを見て、宮澤は後ろへ飛び、シュートを放つ。
小森のチェックを逃れたボールはゴールに吸い込まれる。

「フェイドアウェイシュート! ミドルレンジから打てるのか」
「秋元とは違ったタイプのセンタープレーだな」
スピードとシュートレンジの広さを生かす宮澤。
パワーで押し込み、相手とぶつかっていく秋元とは対照的なプレーに、小森は反応できない。
「しかし大事なのはこのあとのディフェンス」

小森を止める。
止めなければ点差は縮まらない。
頭で考えるのも、口に出すのも簡単、しかし、実行は容易ではない。

「プレッシャーかけるぞ!」

小森へのパスを狙う仲川に対し、北原が間合いを詰める。
ディフェンスにおいて大切なのはポジショニング。
ボールに合わせて動くオフェンスに、守る側はさらに合わせて動かなければならない。
めまぐるしくパスを回されていては、宮澤のディフェンスはどんどん苦しくなる。
逆に少しでもパスを遅らせれば、正しいポジションから勝負できる。

「才加のディフェンスを思い出せ……こんな高いスタンスじゃだめだ」

小森にパスが入る。
先ほどまでと変わらずドリブルで押し込んでくる。
正面で構える宮澤は姿勢を低くして耐える。
もう前の2回のプレーのようにはゴールを許さない。
オフェンスファウルを取られることを考えれば、小森も流石にこれ以上無理やりには押し込めない。

「ナイディ! 宮澤さん」

宮澤が耐えている間に、指原はヘルプに行きたかった。
小森まで寄って、スティールくらいは狙えそうだった。
しかし動けない。
それは平嶋の存在だ。
平嶋をフリーにすることがどれだけ危険か、察していた。

(確実に3点取られる……!)

止められても小森は冷静だった。
身体を反転させ、宮澤を抜く。

(しまった……こいつには小技があったんだった……!)

パワー勝負で一杯一杯の宮澤が反応することは難しかった。
ディフェンスと身体半分ずらした小森がシュートに行く。

(くっそ……厳しい!)

やられた、とゴール下で立っていることしかできない宮澤は半分諦めていた。
しかし、すぐ隣で誰かの影が動く。
同じユニフォームのその影は、目にもとまらぬ速さで急上昇する。
そして小森のボールを抑え込む。

「珠理奈!」

ヘルプで寄っていた珠理奈が小森のシュートをブロックした。
弾かれたボールに北原が飛び込んで保持。
指原にボールを渡して、攻守交代。

「守りきった! 小森を止めた!」
「どんだけ飛んでんだ……松井珠理奈」

またも指原は宮澤にパスを出す。
しかし今度は、ハイポストでもローポストでもない。
スリーポイントラインの外で宮澤はパスを受ける。

「十桜ファイブアウトの陣形!」
「確かにわざわざ小森の土俵で勝負する必要はないが」

中へのパスが無ければ当然中と外の連携は無くなる。
小森以外のディフェンスにとっては守りやすい。
抜かれたとしてもすぐにヘルプに出れる。
だったら、ミドルシュートを打たせなければ問題ない。

「完全に引いて守ってる! 宮澤さんのスピードで抜いてもヘルプが寄ってくるし……」
「いやいや、高柳。佐江を舐めすぎだぞ、それは」
「え?」

宮澤がシュートモーションに入る。
秋元を除く誰もがそれには不意を突かれる。
そこはスリーポイントラインの外だった。
宮澤のそんなプレーは誰も見たことが無かった。
ゆっくりとシュートが放たれる。

「佐江の向上心は私の比じゃない」

ボールがリングを貫く。

「よっしゃあ!」

宮澤が大きなガッツポーズを作る。
そんな宮澤を見ながら、秋元が自嘲するように笑った。

「3年間かけてあそこまでシュートレンジを広げてきた。パワーだけの私とは違う」

中学時代のスピードを生かしたセンタープレー。
高校でポジションが変わると、外のシュートが必要であることに気付いた。
ミドルシュート、フェイドアウェイシュート。
それでも満足しない。
コツコツとひたすらに練習した。
そして手に入れたスリーポイントのレンジ。
完璧でないとはいえ、試合で使えるレベルまで持ってきた。

「誰よりも自主練を嫌がるくせに、やるとなったら超真剣にやるんだ、あいつは」

拳を向けてにやりと笑う宮澤に秋元もガッツポーズで答える。

「1点差! 1点差だ!」

会場が大歓声に包まれる中、渡廊のオフェンス。
ガード平嶋は菊地にボールを託す。
珠理奈対菊地。
この試合何度も見られた1対1である。

(なんてこった……隙がない)

珠理奈のディフェンスは明らかに試合開始直後、菊地をまるで止められなかったそれとは違っていた。
反応できなかったドライブに反応する。
引っかかっていたフェイクを見抜く。

(慣れとかじゃない。明らかにディフェンスの技術が上がってる!?)

攻めあぐねる菊地に平嶋がスクリーンをかける。

「スクリーン! 右!」
「そのまま!」

指原の声に珠理奈は、スイッチ無し、マークマンをそのままにすることを選択する。
平嶋の後ろをすり抜け、菊地のドライブを追う。
しかし、スクリーンをかわした、そのわずかな間合いで菊地はジャンプシュートに移行する。
シュート体制を見て、珠理奈が飛ぶ。
女子離れした運動量で菊地をチェックするが、飛んだのは珠理奈だけ。
菊地はシュートを打っていない。

(フェイクか!)

そのまま足を内側に入れて珠理奈をかわす。

「貰った!」

レイアップのように下からシュートが放たれる。
それは正確に言えば、放とうとしたのだ。
遮るものは無い。
シュートが決まるイメージが出来上がっていた。
同時に自分の右手に収まるボールに違和感を覚える。

(……何!?)

指原が菊地のボールに手をかけていた。
平嶋をフリーにして。
菊地の手からボールがこぼれていく。

(絶対パスしないと思ってましたよ!)

指原がボールを持つと同時に声が聞こえる。
コート前方からの声だとすぐに分かった。
その声の方へボールを投げる。

「りえちゃん!」

赤いユニフォームが1つ、フロントコートへ飛び出していた。
バックコートの9人を置き去りにして、走っていたのだ。

「北原! 速い!」

いつから走っていたのか。
指原のスティールを確信してからか、ボールが指原に収まるのを見てからなのか。
そのあまりに速い切り替えはギャンブルだったのか。
それはのちにビデオでも見なければ分からない。
しかし少なくともこの時の北原のスピードは、平嶋と仲川が走っても追いつけなかった。

「あたしのデータは少ないみたいだね……残念ながら」

その瞬間はこれまでの盛り上がりを考えれば非常にあっさりとしたものだった。
完全に1人の北原が、落ち着いてボールを放る。
渡廊選手は見ていることしかできない。
ボールは全く問題なくリングを通過し、レイアップは決まった。
スコアボードの点が動く。
第4ピリオド残り5分、この試合で初めて、都立十桜高校の得点が渡廊高校の得点を上回った。

続く
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

おー(≧∇≦)

佐江ちゃんのシュートレンジがそこまで広いとはo(`▽´)o
やっぱりりのりえはガチでしたね(笑)

更新待ってます!

Re: タイトルなし

>あおやぎさん

コメントありがとうございます。
もう少しベンチのメンバーも活躍させたいのですが、難しい所です。
今回は北原さんがおいしかったですね。

お久しぶりです(^^)/
体調崩してしまって…
体調には気をつけて下さい!
玲奈ちゃんをもう少し出して下さい(*・ω・)/笑

Re: タイトルなし

> ちゅうさん

コメントありがとうございます。
お体の方大丈夫でしょうか?
季節の変わり目は体調を崩しやすいですからね。
私も気を付けます。
玲奈の活躍はもう少し待ってくださいね。
プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。