FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スラムダンクはできないけれど」第3話

第3話「期待と不安」

落ちてくるボールに触れたのは、2人ほぼ同時だった。
そして弾かれたボールにいち早く反応したのは高柳だった。
すぐに走る味方にパスを出す。
速攻のレイアップが決まる。

「ナイッシュ!」
「ナイスパス!」

まだ名前も把握してない相手と、気軽にハンドタッチができるのは、バスケのいいところだろう。
パスを出した高柳と、シュートを決めた選手の手のひらがパチンと音を立てた。
青チームが先制した。

赤チームの攻撃になる。
珠理奈のマッチアップは当然玲奈だ。
すぐに珠理奈がパスを要求する。
パスを受けながら、試合前の高柳の言葉が頭をよぎる。
(そういえば、スリーが下手なのバラされたんだっけか)
外のシュートを警戒しなくていいとなれば、ドライブを警戒して、ディフェンスは引いて守る。
(引きマン(※1)されるとやっかいだよな)

そんな珠理奈の心配とは裏腹に、保持したボールにすぐに腕が伸びてきた。
玲奈の腕だ。
玲奈のディフェンスは、引きマンどころか、べったりマークだ。

(あたしのアドバイス完全無視かい!)
高柳が嘆く。
(おもしれえ!)
逆に珠理奈は歓喜だ。
得意のドライブで玲奈を抜く。
ヘルプのディフェンスをステップでかわし、そのままレイアップ。
すぐに2点返した。

「早いなー、あの子」
「あのデカさでその速さかよ!」
「指原……もういいや」

すぐに青チームの攻撃。
ガード高柳がボールを運ぶ。
(さっそくやり返してもらいましょうか)
玲奈にパスを出す。
さあ来い、とばかりに珠理奈は腰を落とす。

しかし、その時にはもう玲奈の手にボールは無かった。

(スリーポイント!?)

完全に虚をつかれた珠理奈は全く反応できない。
フリーで放たれたシュートは見事にリングに吸い込まれる。

「す、すげー。ナイッシュ―、玲奈ちゃん!」
そのプレイに、パスを出した高柳も半分驚いている。
(なるほど……マジでシューティングガードじゃん)

「そのデカさで、スリーポイントかよ!」
「宮澤さん、それ指原のセリフですよ」

そこからは両チーム点の取り合いだ。
ミニゲームの急造チームとなるとオフェンスもディフェンスもチームとしての形は無い。
ひたすら個人技と速攻の走り合いになる。

残り時間が30秒を切り、赤チーム1点リードで、青チームのボール。
時間的に青チームは最後のオフェンスになる。

「高柳だ!」

ここまでパス回しに徹していた高柳がトップからドライブを仕掛ける。
1人2人と抜き、あっという間にゴールまでたどり着く。
しかし、そのシュートを阻むのは、珠理奈だ。
(お前がそういうことやってくんのは知ってんだよ)
(珠理奈ちゃん……来ると思った)
珠理奈を前にして、高柳は身体を外側にひねる。シュートにはいかない。
(パスか!)
0度で構える玲奈に、見事なパスが通る。
綺麗なフォームで放たれたシュートは、これまた綺麗にリングを通す。
「またスリーだ! 青チーム逆転!」

残りは10秒を切っていた。
青チーム2点リード。

珠理奈がボールを受け、一気にバックコートから最後のドライブを仕掛ける。
まだ戻りきれていないディフェンスを次々に抜く。
最後に待ち構えるは、高柳と玲奈だ。
2対1でも物怖じせずに珠理奈は突っ込む、かと思いきや、ちょうどフリースローラインまで押し込んだところで止まった。
そのままフェイドアウェイのシュートを放つ。
放たれたとほぼ同時に、ピピピ、とタイマーの音が鳴る。
珠理奈のシュートは高柳と玲奈2人のディフェンスを超えて、リングを打ち抜いた。
審判宮澤がカウントを示す腕を振り下ろす。
同点の引き分けだ。

「うわー! ブザービータ―! すげー!」
「ブザービータ―の試合を審判したのは初めてだわ。すげえ!」
試合中騒ぎっぱなしの指原と宮澤が、今にも飛びあがりそうな勢いではしゃぐ。
そんな2人に秋元は息を吐く。
「お前ら、後輩の、しかもミニゲームだぞ。そんなに興奮して。ねえ監督」
そして、パイプ椅子に座っている安西を見て、さらに呆れて頭を抱える。
「いやー、凄い試合でしたね! まさか同点で終わるとはビックリです」
(あんたが一番興奮してんのかい……)

「で、どうですか。今年の1年生は」
気を取り直して、秋元が安西に問う。
すぐに興奮を冷まし、冷静に安西が答える。
「見たままです。あの背の高い2人は即戦力になりますが、まだ発展途上」
「相当な攻撃力ですもんね」
「それだけじゃありません。評価すべきはあの勝負強さです。残り時間が少ない勝負所でシュートを決める。誰にでも出来ることではありません」

ここまで話したところで安西は席を立った。

「今日の練習は終わりでいいです。明日からは1年生も練習に参加するように伝えてください」
思わぬ発言に秋元も驚いて聞き返す。
「え、終わりでいいんですか?」
安西は、ゆっくりと頷く。
「自主練なら、しても結構ですよ」
そう言い残して背を向ける安西に、秋元は頭を下げる。

「監督、なんだって?」
すぐに宮澤が秋元に駆け寄る。
「今日の練習は終わりでいいって」
「マジかよ! よっしゃー!」
思わず大きなガッツポーズが出る。
自主練しない気か? と睨む秋元を見て、舌を出しながらその拳を下げた。
「で、評価はどうなのよ、1年ちゃんの」
「かなり高い。監督が『即戦力』なんて言葉を使うとは思ってなかった」

片付けを終え、1年生に集合が掛けられる。
「明日から1年は、普通に練習に参加してもらう。夏のインターハイ予選に間に合わせるためだ」
その言葉に1年生は顔を見合わせる。
明日から練習に参加できる、それはコート脇でドリブルをつくだけではない喜びだったり、本当に夏に1年生を間に合わせるのかよ、という驚きだったりだ。
「相当きつい練習になるとは思うが、ついてくるように。以上、今日は解散」

ゲーム1本だけは少し物足りない気がしたが、明日からの練習を考えて、珠理奈はすぐに帰ることにした。
「今日は色々あったねー。うん、色々あった」
隣にいるのは、やはり高柳だ。
彼女言うとおり、今日は色々と驚かされた。
バスケ部の先輩、監督、そして松井玲奈。
面白すぎだ。楽しみすぎる。

「明日から練習かあ。珠理奈ちゃんは見たことあるんでしょ? どうなの、練習」
高柳は、期待と不安の入り混じった、何とも中途半端な表情で珠理奈に聞いた。
「中学の練習も正直頭おかしいくらいだったじゃん?」
「思い出しただけで吐き気がするよ」
全国へ行ったバスケ部の練習だ。
中学と言えど、並大抵の練習ではないし、練習量には自信があった。
しかし、十桜高校バスケ部の練習を見学して、珠理奈からその自信は消えたのだ。
「あのバスケ部の練習は、見てるだけで吐き気がした」

高柳の顔が少し青ざめた。
彼女は分かっている。
珠理奈がそれだけ言うことによる、説得力が。
そしてそれを口にした珠理奈自身もテンションを下げる。
バスケがいくら好きでも、やはり練習のつらさは変わらない。

「そういえば、何で松井玲奈は明音のアドバイスを無視したんだろう」
珠理奈は、スリーポイントは無い、と言われながらもべったりシュートチェックをしてきた玲奈を思い出していた。
「あ、そのことなら話したよ。なんかね、『初めてマッチアップするのに、引きマンなんてつまんないじゃないですか』だって」
「ふーん」
珠理奈は興味なさげに反応する。
しかし、このとき早くも、練習を思って下がっていたテンションが、また上がり始めていた。
「すっごい謝られたけどね。1対1好きなのは珠理奈に似てるよ」
珠理奈が思っていることは、高柳と全く一緒だった。
圧倒的な1対1思考。
同学年でここまで自分と似ていると思ったのは、彼女が初めてだ。

「やっぱ、練習楽しみだわ」
「え!? 何で」

それぞれが期待と不安、いや、少し期待の方が大きいかもしれない、を持ちながら、十桜高校バスケ部の活動1日目が終わった。

続く

※1……引いて守るマンツーマンの略。
引きマンって普通に使いますよね? あれ、私だけでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secre

面白いです
続き楽しみに待ってます

Re: タイトルなし

> 名無しさん

コメントありがとうございます。
早く更新できるように頑張ります。

プロフィール

ウロマム

Author:ウロマム
どうも、ウロマムです。
AKB48さんの小説を書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。